アイキャッチ画像

飲み物に薬を盛られていないかチェックできる75ドルの小型ガジェット『pd.id』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月06日]

飲み物に薬物を盛られていないかチェックできる小型のガジェットが開発中。クラウドファンディングIndiegogoで出資を募っています。

ガジェットを飲み物につけて数秒待つと、薬が盛られていた場合に赤いLEDが点灯。

ガジェットはスマートフォンに連携してデータベースにアクセスするので、新しい薬が登場した時にも対応が可能。ドリンクの種類が何かもわかるそうです。空港で行われるチェックのようなことが75ドルの手持ちの機器で行えるとは驚きです。

「飲み物に薬物を混入し、昏睡させて暴行する手口の犯罪から身を守るために」ということで開発されているそうです。しかし、実際に人から飲み物をすすめられて、当人の目の前でこのガジェットを取り出してテストをできるかというと難しそう。嫌疑の内容が内容ですし、飲み物に浸ける動作は目立つので、自然な動作で飲み物を分析できる仕組みが出来て欲しいですね。摂取カロリーやアルコール量を管理するアプローチなら利用シーンも広がりそうです。

pd.id: Your Personal Drink ID | Indiegogo

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ