アイキャッチ画像

データ通信+通話定額スマホが2,980円の「Y!mobile」はお得なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月05日]

イーモバイルとウィルコムがソフトバンク傘下で統合され、2014年8月1日から始まった新キャリア「Y!mobile」。さっそく携帯ショップに赴いて、お得なのか調べてきました。

データ通信は少なめで、通話する方にはお得

 10分までの通話を月300回まで無料でかけられます。長電話をする方には不向きですが、飲食店や病院の予約など、手続きのために通話する方にはお得なのではないでしょうか。MVNOと違ってキャリアショップがあるので、トラブル時の安心感もあります。
 ただし、2,980円のプランでLTEの高速通信が行えるのは1GB/月まで。それを超えてしまうと最大128kbpsに低速化します。スマホで動画を観たり、スマホゲームを毎日プレイするなど、データ通信を頻繁に行うタイプの方には向きません。電話をほとんどせず、専らデータ通信という方に向いたプランは、今のところY!mobileには見当たりません。
 2014年7月に行われた新サービス・新商品発表会の質疑応答では「レイトマジョリティ狙い」と思われる発言がありました。3キャリアやMVNOが取り逃している層の「まだスマホにしていない理由」を潰していく方針なのかもしれませんね。

変わり種の「パケットマイレージ」制度が議論の的

 「パケットマイレージ」は、ワイモバイルの電話番号と連携済みのYahoo! JAPAN IDでログインした状態で、Yahoo! JAPANアプリかYahoo! JAPANのスマートフォン版トップページにアクセスするとマイルが貯まり、貯まったマイルに応じて翌月分の、無料で高速通信できるデータ容量を追加できる仕組みです。

 スマホプランの重要説明事項にはこのような文章があります。

Yahoo!サービスおよびヤフーとのお客様情報の連携について
Yahoo! JAPAN IDの登録を行う際に、お客様の契約情報をヤフーに通知いたします。通知する情報は、契約電話番号、生年月日、性別、氏名、郵便番号、住所、クレジットカードの番号および有効期限となります。

 ガラケー時代はdocomoのiメニューやauのEZトップメニューが超強力なコンテンツポータルとして機能していましたが、スマホ時代になってGoogle PlayやAppStoreに奪われています。そのため「土管屋」と皮肉られることもあるキャリアですが、Y!mobileは無料データ容量をフックにして、Yahoo! JAPANというコンテンツポータルの地位を、スマホでも盤石なものにしたいのでしょう。2014年7月、ニュースアプリ利用者の約8割が『Yahoo!ニュース』を使っているという調査結果が出る等、Yahoo!ブランドはやはり強いです。

 また、このような文章もあります。

Yahoo!ウォレットのお支払いを遅延した場合、Yahoo!ウォレットのお支払状況に関する情報がヤフーからワイモバイルへ通知され、ワイモバイルよりご案内を行う場合がございます。

 Yahoo!ウォレットと契約情報を連携させる辺りから、iモードのキャリア決済による公式サイト黄金時代を思い出します。生年月日や性別、住所を取っていることから、ターゲティング広告の予感もしますね。GoogleやFacebookが、端末も回線も完全無料のスマホをばらまいて、コンテンツへの課金や広告収益で回収するのでは?という噂は以前からたびたび耳にしていましたが、「Y!mobile」2,980円スマホの方向性も同じなのかもしれません。

 なお、「パケットマイレージ」を利用するかどうかは契約者の任意です。

条件が揃えばお得な割引情報

 Nexus 5(約35,000円)がMNP一括0円でした。
 そして家族にY!mobile回線(ウィルコム・イーモバイル)を持っている人が居る場合、月額料金が500円割引になります。また、その場合は「副回線」という扱いになるため、9,500円の解約手数料が無料になるとのこと。重要説明事項には以下のように書かれていました。

家族割引サービスについて
本サービス適用期間中の副回線の契約解除料は無料(端末購入サポートの契約解除料は対象外)となります。

わかりやすいキャリアであることは確か

 新サービス・新商品発表会では、「主要3キャリアの料金体系はわかりにくい」という内容の発言があったようです。確かに3キャリアについては、複雑な料金体系を熟知している人が、MNPで上手くキャリアを渡り歩くことによって高額なキャッシュバックを得ていたり、巧みな格安運用を実現したりしている半面、同じキャリアを使い続けている”お得意様”が高い通信料を支払っている現実がありました。Y!mobileの料金体系は単純なため、よく知らない人が気づかぬうちに損し続ける事態は発生しにくいと思います。Y!mobileの試みを機に、他キャリアの複雑な料金体系や過剰なMNP優遇が改善されると良いですね。

Y!mobile(ワイモバイル)
Y!mobile 8月1日開始、STREAM S、DIGNO T発表。Yahoo!でマイル貯まる。格安SIMとの違いはサポート
ニュースアプリ利用者の約8割「Yahoo!ニュース」利用–キュレーションアプリに大差

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ