b_dash_icon

IT経営者の集う完全招待制イベント「B Dash Camp 2014」全記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月04日]

インターネット業界にフォーカスした投資を行うベンチャーキャピタル「B Dash Ventures」が主催する、完全招待制イベント「B Dash Camp 2014 Summer in Fukuoka」。第一線で活躍する経営者たちの講演内容をAPPREVIEWでも取材させて頂きました。

人生は1つの事業で終わらない、
次世代リーダーに求められる資質とは?


Gunosyの木村新司氏、gumiの國光宏尚氏、フリークアウトの佐藤祐介氏、スポットライトの柴田陽氏が登壇しました。
新聞社やテレビ局のようなメディアを作るのには数百億円単位でかかっていたことを考えると、IT業界での10億円にビビっている場合ではないという話。スタートアップエコシステムは日米で金額・速度共に大きな差があるという比較。また、事業拡大のスピードが速くなったため、一人の起業家が企業→イグジットを繰り返すことも可能になっているという話など、規模感の大きな話を聞くことができました。

巨大な広告予算はテレビからスマートフォンへ


ゴールドスポットメディアの望月貴晃氏、セプテーニの佐藤光紀氏、ファンコミュニケーションズの柳澤安慶氏、AdColonyのJonathan Zweig氏が登壇しました。
ユーザーが接触するメディアがテレビからスマートフォンにシフトしている流れは、広告予算のスマホシフトを生みます。これまでインターネット広告は成果報酬型のものが多かったですが、アメリカでは映画の宣伝もインターネット動画広告で行われるようになっており、日本でもブランドイメージを高めたり認知を上げるような動画広告がスマホ向けに展開されることが期待できます。グロースを続けるスマートフォン広告市場の展望を聞くことができました。

4大ニュースアプリの勝者は誰か?
未来のメディアの姿を探る


『SmartNews』鈴木健氏、『Gunosy』木村新司氏、『Antenna』町野健氏、『NewsPicks』梅田優祐氏が登壇しました。
グルメや旅行などのリッチなコンテンツを集める『Antenna』や、経済ニュースを扱う『NewsPicks』が編集者を置いて独自コンテンツを生み出しているのに対し、『Gunosy』『SmartNews』はメディアとしての色を持たないニュースアプリという立ち位置。情報インフラの整っていない国の国民に関心を向けインターネットメディアの責任を追求する『SmartNews』と、ウェブメディアのマネタイズに関心を向ける『Gunosy』も対照的でした。

これからのインターネットは現実世界を変えていく


プレイステーションの発売を実現させた久夛良木健氏、ガンホー・MOVIDA JAPANの孫泰蔵氏が登壇しました。
モノのインターネット(IoT:Internet of Things)がますます進むこと、最新の軍事技術が民間利用されるまでの時間が縮まっていること、コミュニケーションや労働を担うロボットの普及、中国のロジスティクスを民間企業が改善しようとしている話など、スケールの大きな未来の話を聞くことができました。

DeNA、グリー、じげんの経営者が語る!
新規事業の作り方


DeNAの守安功氏、GREEの青柳直樹氏、じげんの平尾丈氏が登壇しました。
非ゲームの新規事業に1年間で100億円投資していくことを決めたGREE、コンテンツ産業には手を出さずに衣食住など無くなることのない事業領域について常に事業創出をするじげん、周到な大規模投資型新規事業とスピード重視の小型新規事業の二刀流で攻めるDeNAなど、新規事業についてのそれぞれの戦略について聞くことができました。

新興eコマース『Fril』『BASE』『RECLO』
新たなトレンドを作り出せるか?


『BASE』鶴岡裕太氏、『Fril』堀井翔太氏、『RECLO』青木康時氏が登壇しました。
『BASE』の運営側はプラットフォームというより決済インフラと認識しており、手数料を抜かれずに「価値が100%流れていく世界」を作りたい。クチコミで広がった『Fril』はGoogle検索やテレビCMなど別の入り口からのユーザー獲得を目指す。中古ハイブランドを取り扱う『RECLO』は、写真撮影・配送の代行で売り手の面倒を省き、ブランド鑑定で買い手に安心感を提供するCtoBtoCの形態を保ちながら、中古家具や中古車のジャンルに展開する可能性を示しました。

CNET Japan・TechCrunch Japan編集長から投資会社への転身 西田隆一氏インタビュー


雑誌「インターネットマガジン」、CNET Japan、TechCrunch Japanの編集長を歴任し、ベンチャーキャピタル「B Dash Ventures」西田隆一氏。「B Dash Camp 2014 Summer in Fukuoka」の閉会直後にインタビューさせて頂きました。

B Dash Camp

コメントは受け付けていません。

PageTopへ