wheel10

俺(35)の自由研究は予算1,000円。暇そうな編集部員がハムスターホイールを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年8月19日]

この記事に掲載させて頂いたネコ型運動器具に触発され?ハムスターを飼ってもいないのに、ハムスターホイール的な物を作ることになりました。
決して僕が暇そうにしていたとか、そういうことでは無いハズです。無いハズ…。

今回は加工する部分が多いので大変なのですが、用意するものを参考に必要なアイテムを用意しておいてください。今回も勿論100円ショップで揃えられます。

▼関連記事
暇そうな猫にハムスターホイールを使ってみると…

用意するもの

  1. ◎ ゴミ取り用ローラー 2点
  2. ◎ すべり止めシート 2点
  3. ◎ スタッキングラック
  4. ◎ スチール針金
  5. ◎ 水切りマット
  6. ◎ 中くらいのボウル 2点
  7.   ハサミ
  8.   カッター or 工作用鉄ノコギリ(金切鋸)
  9.   テープ

以上です(◎印は100円ショップで購入)。
916円(税込)という予算なので、安いハムスターホイールなら買えちゃうとかそういうのはひとまず考えないことにします。
自作することに意義があります(キッパリ)

作り方

最初にハムスターホイールを回すローラーを作りたいと思います。
キャットホイールにならって、下部にローラーを設置して、ホイールが回る機構を考えてみました。


コロコロでお馴染みのゴミ取りローラーにすべり止めシートを貼ります。
すべり止めシールは様々なタイプの物があると思いますが、ローラーに巻きつけて使用するので薄いタイプが良いです。
今回使用したすべり止めシートは少し小さいタイプの2枚組だったので、長さが足りない部分は切り取って付け足しています。


2個用意したローラー両方にこれでホイールを回すローラーが出来ました。取っ手部分の底にもすべり止めシートを貼り付けます。


スタッキングラックを逆さまにしてローラーをテープと針金で動かないように固定します。すべり止めが余っている場合はスタッキングラックの下にも貼り付けるのもありです。
この上にホイールを乗せるのでガッチリと固定しましょう。


上から見るとこのような感じです。土台部分はここまでの手順で完成で、後はホイール部分になります。


用意した中くらいのボウルの上部分が段差になっていたのでカットします。もし用意したボウルの形がフタ無しであれば、そのまま使用できるのでカットは必要ありません。
垂直で深い形状のボウルを探すのに苦労しました。


この工作用ノコギリで2つともギコギコ地道にカッティングします。ケガをしないように注意!切れ目がギザギザになった場合はヤスリなどをかけると良いでしょう。


続いて1つの底部分もカットします。目安になるように黒いビニールテープを一周させうまく切ることが出来ました。


2つを重ねてテープで貼り付ければご覧のとおり。ホイールの原型が出来上がりです。


このホイールの中にすべり止め的な役割を果たしてくれるであろう水切りシートを切って設置します。キッチリとはまったので固定の必要はありませんでしたがテープなどで固定するのもアリです。


あとは土台に乗せるだけ。ローラが水辺に固定されていればコロコロ転がるハムスターホイール(初号機)の出来上がり。


本物のハムスターさんに出演頂きたかったのですが、スケジュールの都合が合わず断念。
その代わりは、日頃カラダを揺らしているフリフリくん、空き地でリサイタルしているあのキャラや、Androidファンお馴染みのドロイドくんが。

今回作成したハムスターホイールですが、しばらく稼働させると動きが安定しない、うまく回らないという問題が発生。
早速改良に着手、コロコロの力を最大限に活かすローラーとホイール部分の直接連結方式を試みることにしました。
1号機の勇姿が見れたのはほんの数分だったのでした…。

ハムスターホイール2.0


改良版のVer2.0はホイール部分とローラーをドッキングさせるだけ。


ホイールとなったボウルの底にローラーが通る穴を空けて、テープなどで固定します。回した時にローラーのみ空回りなどしなければ問題ありません。


あとは、このローラーの取っ手部分を土台として使用しているスタッキングラックに固定すれば完成です。
Ver2.0は回転の安定感が増しました。

今回の製作時間はスムーズにいけば約3時間程度です。ボウルのカット時間が短縮できればもっと短くなったと思います。

本当はITっぽくスマートフォンと連動して回転数をカウントさせる機能まで付けたかったのですがまたの機会にとっておきます。
IT化まで辿りつけなかったので完全に夏休みの自由研究作品となってしまいましたが、夏休み終わった感がたまらなく出てきたのでした。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ