Twitchの人気ストリーミング『MAN VS GAME』

グーグルが買収か、Twitchってどんなサービス?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月28日]

Twitchの人気ストリーミング『MAN VS GAME』

 検索最大手米GoogleがビデオゲームストリーミングプラットフォームTwitchを買収するという噂が一部メディアで報じられました。報道によると、買収はGoogleのYouTube部門が担当し、買収金額が10億ドル(約1000億円)ともいわれています。Twitchとはどのようなサービスなのでしょうか?

Facebookよりも高順位

 Twitchは月間4,500万人が訪れる世界最大のビデオゲームストリーミングプラットフォームです。ユーザーはTwitchを通して、他人のゲームプレイを視聴したり、自分のプレイをライブ配信できます。ウォールストリートジャーナルの公表したアメリカのインターネット・トラフィックランキングで、TwitchはNetflix、Google、Appleに次ぐ4位にランクインしています。これは、Facebook、Hulu、Amazonよりも高い順位です。

 2011年のサービス開始当からPCゲームユーザーがメインだったTwitchですが、PCゲーム以外からの利用も急速に拡大しています。ソニーのPlayStation 4とマイクロソフトのXbox Oneにはゲームストリーミング機能が搭載され、Twitchがプラットフォームに採用されたからです。実際、Xbox OneのTwitchアプリがリリースされてから数週間で、Twitchのユニーク配信数の22%がXbox Oneの動画になっています。

毎日ゲームで高収入

視聴者のコメントが励みになる

 Twitchは、イエール大学出身のジャスティン・カン氏らが2007年にローンチしたJustin.tvから生まれました。カン氏らは当初シンプルな動画ストリーミングサービスを想定していましたが、Justin.tv開始から2年たったころ、ゲームストリーミングをするユーザーが急増しました。これが、ゲーム実況を専門にするTwitchのスタートにつながりました。

 YouTubeと同様、Twitchにはパートナープログラムがあり、人気ユーザーは自分が配信した動画の広告収入を手にできます。人気ユーザーのことをYouTubeでは「YouTuber」というのに対し、Twitchでは「ブロードキャスター」というそうです。ある人気ブロードキャスターは小売業を辞め、毎日8時間をゲームの実況中継に費やしていますが、収入はいままでの人生で最高だそうです。

 現在では、プラットフォームから派生して、ゲーム制作会社とコラボした国際イベントも開催しているTwitch。イベントには数千人の観客が来場し、数百万ドルの収益を生むこともあるそうです。GoogleもTwitchも買収のうわさについては沈黙を守ったままですが、両社の連携が大きなメリットを生むことは間違いなさそうです!

【参考リンク】
All About Twitch – Twitch
テレビゲームをスポーツのように観戦できるTwitch TVが大人気 | ReadWrite Japan

コメントは受け付けていません。

PageTopへ