twitter3

Twitterで空港スタッフへの不満をつぶやいたら飛行機を降りる羽目に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月24日]

○○会社の○○氏の態度がひどい!

こんな風に、Twitterで不満をこぼしたことはありますか?飛行機に乗る際は、この様なつぶやきは控えた方が良さそうです。

米ミネソタ州のDuff Watson氏は、Southwest航空のスタッフを名指しでツイートしたことが原因で、フライトを降りるよう要求されました。


男性は、頻繁にフライトを利用する上級会員(A-lister)だそうで、優先的に機内に乗ることができます。一方、連れていた子供達2人(6歳、9歳)は、会員ではないために一緒の搭乗が認められず、スタッフと行き違いが生じたそうです。Southwest航空の席は、早いもの勝ちの自由席になっているため、搭乗グループの順番は A、B、C に分かれております。

米CBSの取材によると、男性は「A-listによくもこんな態度を取れるな。後でツイートしてやる」と言い放ち、以下をツイートしたそうです。

うわ、このスタッフはデンバーで一番失礼だ。ゲートC 39の Kimbery S。不満だ @SWA。

ツイート内容に気付いたスタッフは、機内アナウンスで男性と子供たちに荷物を持って降りるよう命じられ、ゲートに待っていたスタッフに「ツイートした内容が自分の安全性が脅かされる」、「ツイートを消さなければ警察を呼ぶ」と伝えたそうです。男性は、止む得なく投稿を消したそうです。

Southwest航空は、男性にメールにて謝罪し、機密性の問題により、スタッフにどのような処分を下したかは明かさなかったといいます。

▽参考リンク:
CBS
Mashable

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ