アイキャッチ画像

俺(35)の自由研究は予算400円。グーグル『Cardboard』的なVRゴーグルを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月24日]

今年の開発者会議Google I/Oで配布されたVRゴーグルキットのCardboard。簡易的な作りながらも使用者のレビューを見る限り上々のようです。

そこでAPPREVIEW編集部でも、高価なイメージのあるVRゴーグル風なアイテムを工作で安価にできるか、自作に挑戦してみました。今回、準備する材料から作成方法までまとめてみましたので、夏休みの自由研究何にしようかな?なんて考えているお子さんがいらっしゃるお父さん、お母さんは必見ですよ! ITトレンドに乗っかっちゃって、クラスの注目を浴びること間違い無し。

使ってみたいなぁ~、欲しいなぁ~…でも大変そうだなぁ~と思われた方は、海外サイトなどでも購入できるようなので、そちらの方が手っ取り早いのと、さらにグーグル自身がCardboardの公式サイトで設計図を公開していたりもするので、そちらもご覧になってみてください。

用意するもの

  1. ルーペ×2個
  2. 少し大きい段ボール(今回は収納BOX)
  3. ビニールテープ
  4. ペン
  5. ハサミ
  6. スマートフォン


上記写真に掲載されている物が、用意する全ての物です。
スマートフォンを除き、全て100円ショップで購入可能です。
ハサミやペンなどは所有していたので、実質400円+税が今回の材料費でした。

作成手順

まずは購入したダンボール製の収納BOXを分解します。


今回のこの収納BOXは少し特殊な形状をしていたので、その高さやサイズを活かすように作ることにしました。

こちらは一般的なダンボールでも十分代用できますので、同じような形に切り取ると良いかもしれません。


今回A~C(左右対称)と名前をつけた全4パーツに切り取ります。それぞれの形で判断頂ければと思います。


出っ張りが上に来るように、まずAとBを貼りあわせます。


AとBを貼り合わせるとこのように台形になります。左の画像のように、今回はAの面が上になるように使用します。


Aの上に来る面を確認して裏側でルーペの設置箇所を決めます。
左右両目の場所に来るように位置を調整して、問題無さそうであれば用意したペンで型取りをしましょう。裏側なので少々雑でも大丈夫だと思います。
ルーペを外して型取りをした部分を切り取りします。


左上:このように切り取りしました。
右上:切り取った後、ルーペを設置してテープで固定します。ガッチリと固定しましょう。
左下:表にしたところで発覚したのですが、ハサミでのカッティングの際にうまくいっていなかったようです。傷だらけ・・・。
右下:また台形に戻すとこのようになります。なんだかダンボーみたい。

このままでもほぼ使用は出来るのですが、画面が暗いほうが良いとのことで左右にフタをするパーツを残りのダンボールCで作成します。


ハサミを入れて折りたたみ裏側、前面をテープで固定します。そのまま横にセットして高さなどがあっていれば問題ありません。

あとは主役のスマートフォン。

覗きこんだ時に本体が真ん中に来るようにすればOKです。スマートフォンの場所をペンで書き入れておくと、位置調整が次回から楽になります。
スマートフォンの両サイドに仕切りを作るとなお良いですね。
スマートフォンは今回GALAXY S III、iPhone 5sなどを使用しましたが問題無く使用出来ました。

スマートフォンの画面サイズが小さすぎるとうまく見えない場合もあるので、その際はルーペの種類(倍率)を変更するか、
スマートフォンの下に台を置くなどしてスマートフォンと覗きこむ距離(高さ)を調整する必要があります。

完成後の楽しみ方

試しにYoutubeの3D映像(左右に映像が表示されるタイプ)を見てみましょう。見ながら位置を調整すると一番良いです。

Androidのスマートフォンをお持ちの方はCardbordのアプリも使えちゃいますが、
装置とスマートフォンをゴムバンドなどで固定する必要があります。
スマートフォンの動きを認識するのと、画面に触れたりしなければならないので操作はなかなか難しいです。


覗きこんでいる図です。怪しさ満載ですが、一人でスゴイ!見えるぞ!とかつぶやいていると、更に怪しくなるでしょう。


カメラ越しに覗くとこのようなイメージです。

今回のこの装置は約40分程度で完成させました。
あとは周りの装飾などのもう一工夫であなただけのVRゴーグルに仕上げましょう。グレー&シルバーなどの塗装を加える事でSF映画に出てきそうなマシンにするなど、デザインの工夫をすれば教室での“つかみ”もバッチリです。そうそう、スマートフォンを学校へ持っていって良いかは、あらかじめ担任の先生にご相談ください。

夏休みの自由研究のご参考に1ついかがでしょう?

▼参考リンク
Cardboard

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Cardboard

配信元:Google Inc.

Android価格:無料

  • バージョン Android:1.1

Androidアプリのアクセス内容

端末とアプリの履歴
実行中のアプリの取得
画像/メディア/ファイル
保護されたストレージへのアクセスのテスト
USBストレージのコンテンツの変更または削除
カメラ/マイク
画像と動画の撮影
その他
バイブレーションの制御
NFCの管理
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年07月24日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ