アイキャッチ画像

電波が届かない場所でも通信できる!アウトドア好き必携の『goTenna』がスゴイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月18日]

皆さん、こんにちは!今年も登山シーズンがやってきましたね。
昨年、霊峰・富士が世界遺産登録をされて以来、登山に興味がある方も多いのではないでしょうか?
他にも夏と言えば、ハイキングや海、夏フェスなど多く開催されます!

しかし、楽しいアウトドアも、自然相手であれば何が起きるかわかりません。
迷子一つにしても、通信手段が断たれた状況で仲間と逸れてしまった時は、最悪の自体も想定されます。
現代人にとって電波とは命であり。通信さえ行えれば助けを呼ぶこともできます。

だからこそ!今回は、電波が無い場所でもスマートフォンで通信を行えるがジェット『goTenna』を紹介します!!

電波が届いていなくても通信可能『goTenna』

今回紹介する『goTenna』は、携帯の電波が届かない場所でも、無線電波を使用してスマートフォンでメッセージの送受信、オフラインマップの表示、地点の共有が行えるガジェットになります。

通信の仕組みとしては、ラジオ電波の様な無線電波を使用しています。
相手とは、専用のアプリを使用して、テキストや現在地情報の送信、設定された個人間や全体でのチャットも行えます。
また緊急時には範囲内にいる『goTenna』を持っている人に「緊急信号」を送信できる機能があります。
ただし、通信を行うためには、受信側、送信側どちらともこの『goTenna』を所持しておく必要がありますが、その通信範囲は最大で50.5miles(約81キロメートル)にも及びます(※環境によって範囲距離は増減します)。
入力された情報はBluetooth-LEを通してスマートフォンへ送信され通信を行います。
電池は、通常使用で72時間程持ち、価格は、現在149.99ドル(約15,000円)になります。

詳しい商品動画はこちらから!

スペック

主要ハードウェアスペック

  • 全長;146.7mm x 12.7mm x 0.5mm
  • アンテナ伸び幅:56mm
  • 重さ:57g
  • 2ワットのラジオ
  • 1000通のメッセージまで保存可能なフラッシュメモリ
  • 充電式リチウムイオンバッテリー
  • BluetoothLEデータインターフェース
  • ステータスインジケータライト
  • 防塵耐水性


アプリ機能  

  • 無料でテキストメッセージを送信&受信
  • 詳細なオフラインマップを使った地点の共有
  • 自動メッセージの再試行&配達確認
  • 個別&グループメッセージ可能
  • FireChatの様な範囲内全体チャットが可能
  • 近くの友人·マップと場所にpingできる機能
  • 緊急チャット機能
  • エンドツーエンドの暗号化機能(RSA-1024)
  • SnapChatの様な自己破壊メール機能
  • iOSの&Androidに対応

参考
『goTenna』HP
『goTenna』購入ページ

コメントは受け付けていません。

PageTopへ