Screenshot_2014-07-07-11-29-58

IKEAに学べ!Instagramを活用したプロモーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月07日]

先日、総合家具ブランドのIKEAが数年に一度、若手デザイナーを起用して発表するデザインコレクションが、「IKEA PS 2014」として公開された。
このPSコレクションのプロモーションに、Instagramががっつり活用されているので紹介したい。

タグ付け機能を活かしたオンラインカタログ

IKEAのオンラインカタログでは、『IKEA_PS_2014』というInstagramアカウントが入口になっている。

『ベンチ』『テーブル』『収納』などとカテゴリ別に写真をアップ。


写真の中にはそのカテゴリに属する様々なインテリアが写っており、そのそれぞれに対して商品名がタグ付けされている。

商品毎のアカウントも作られており、タグ付けからこのアカウントに飛んできて詳細を見ることができる。

商品毎の写真にも関連商品がタグ付けされている。


このように、アカウントのプロフィール画面を商品の説明、タグ付け機能を関連商品へのリンクとして活用したオンラインカタログになっているが、IKEAがInstagramを活用したのは今回が初めてではない。

PSコレクションの少し前、今年の1月にはIKEAはFacebook,Instagramのフォロワー約13万人に、IKEAの冊子カタログの中から気に入った家具の写真を投稿してもらうキャンペーンを展開していた。
このキャンペーンは、『商品名のハッシュタグを付けて写真を投稿したユーザーに、抽選で実物の家具をプレゼント』というものだ。

商品名をタグに使い、関連商品へのリンクに写真から飛べるオンラインならではの機能を付けたカタログのアイディアを、IKEAはずっと考えていたのだろう。

IKEA PS: Instagram Website from Instinct on Vimeo.

スケベ心を利用したプロモーション

Instagramを活用したちょっと変わったプロモーションとして、ロシアの携帯電話事業会社「Mobile TeleSystems(MTS)」のプロモーションも紹介したい。

これは、男性の期待を煽りInstagramの写真ページにアクセスさせ、インターネット接続が遅いことのイライラを体験させるというものだ。

まず、女性有名人にセクシーな写真をInstagramに投稿してもらう。

#sexy, #ass, #naked, #oiled などの妄想を掻き立てるハッシュタグを付けて投稿


ところが、これらの写真を見ようと思ってもインターネットの接続が遅くいつまで経っても写真を見ることができない。

接続中の画面がいつまでも表示される


当然のことながら、彼女たちの写真には「接続できないよ!」というコメントがたくさん寄せられる。


その2時間後、彼女たちは次の画像をアップロードする。

低速なインターネットは好奇心を満たしてくれないから、MTSの4Gインターネットを使おう。とのこと。


もうお分かりだと思うが、これはMTSのキャンペーンであり、彼女の写真にアクセスが集中していて接続が遅かったわけではない。
MTSは、Instagramのタグ付けで男性の好奇心を利用したこのキャンペーンの結果、160万人ものユーザーにメッセージを届けることができたと発表している。

#MOBILE TELESYSTEMS – #SEXY #OILED #MYSELF #SIX #HOT … from Alexey Starodubov on Vimeo.

Instagramのキャンペーンは“タグ付け”がポイント

Instagramを使ったキャンペーンを2つ紹介したが、どちらもタグ付け機能を巧みに活用しているのが印象的だ。
Facebookなどと比べるとシンプルな機能のみのInstagramも、工夫次第で効果的なプロモーションの手段になりうることが分かる。

SNSを活用してインパクトのあるプロモーションを行う企業は今後ますます増えてくるだろうが、一体どんなキャンペーンが出てくるのか非常に楽しみだ。

▼参考リンク
インスタグラムの新たな使い方!タグ付け機能を活用した、IKEAの斬新なオンラインカタログ
ファンが写真投稿して作成! IKEAノルウェーのソーシャルメディア・カタログ
「男の悲しい性」を利用した露通信会社のInstagram施策

コメントは受け付けていません。

PageTopへ