songza

Google、音楽キュレーションアプリ『Songza』を買収

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年7月02日]

Googleは7月1日(米時間)、米ニューヨーク州に拠点を置く音楽キュレーションサービスSongzaを買収したことを発表しました。Songzaは2012年のApp Store Bestアプリに輝き、ユーザーの気分やジャンルに合わせてアーティスト等を含む音楽活動家がキュレーションしたプレイリストをストリーミングします。買収額は公開されていないものの、NY Postが6月に報じた噂では1500万ドルでした。

音楽キュレーションサービスと言えば、Appleが5月に買収したBeatsが提供している『Beats Music』と競合にあたります。Beats Musicは、アルゴリズムだけでは再現できない、ユーザーのムードや好み、その状況に応じてピッタリなプレイリストをおススメします。

Songzaは550万人のアクティブユーザーがいる一方、音楽ストリーミングサービスPandoraは7600万人、Spotifyは4000万人以上いるとされます。

Google+の投稿によると、ユーザーはSongzaをこれまで通り利用できるそうです。また、YouTubeを含むGoogle製品でSongzaの技術を活用するよう取り組んでいくと言います。

▽参考リンク:
NY Post
Google+
Songza

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ