いたのくまんぼう

求めていた才能は隣にいた!開発者夫妻に聞くほんわかアプリ『嫁放置』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年6月27日]

嫁画伯のイラストはぜひご自身の目で!

 2014年上半期ナンバーワンほんわかゲームの呼び声も高い『嫁放置』をご存知でしょうか? 嫁放置は、UFOキャッチャーを模したインターフェースで、開発者のお嫁さんが描いたイラストをゲットし、コレクションしていくという前代未聞の無料ゲームアプリ。
 そして、このお嫁さんが描くイラストが、衝撃的過ぎて、ゲームファンの間で話題となっているんです。筆者も同じように衝撃を受けた1人でして、矢も盾もたまらず開発者(とその奥さま)にインタビューをさせて頂いたのです。

▼関連記事
はじまりは、あの結婚でした…夫婦愛溢れるアプリ『嫁放置』
“妻の本音”を夫へ…『江頭ジャマだカメラ』でおなじみのNinebonz/いたのくまんぼう

“おもちゃ感”を大事にしています

—– デベロッパーについてお聞きします。どんなアプリを開発していますか?

いたのくまんぼう(以下くまんぼう) 神奈川工科大学非常勤講師。不思議のダンジョンとかサウンドノベルとかプログラムしてはやウン十年。独立後はスマホアプリ『オリックスバファローズカメラ』『江頭ジャマだカメラ』『嫁放置』『MagicReader』『i列車の車窓から』などをリリース。国連WSA2012受賞。アプリ制作記事をSoftwareDesign誌に連載 通称「和尚」。

くまんぼう 最近多かったのはカメラアプリです。『江頭ジャマだ。カメラ』が、ストアの無料アプリで総合1位に輝きまして、そのおかげもあってコラボ的なお声かけを頂くことが増えました。ちょうど昨日、新作の『オリックス・バファローズ カメラ 〜君もプロ野球カードになろう!〜』をリリースしたところです。このほかにも水面下で動いている案件がいろいろあります。
 もともとカメラ系に関しては『マジックリーダー』という、顔を動かすことによってページがめくれる電子書籍ビューワーを作っていました。その技術では顔の位置がわかるので、それをそのままギャグカメラ系に使っているんです。
 同じ技術ではありますが、人の役に立つような方向に使うと『マジックリーダー』になり、ふざけて使うとジョークカメラになるという、技術の使い方のいろいろなパターンを試しているというところではあります。最新作は、後ほど詳しくお話しますが『嫁放置』です。

—– カメラアプリよりも以前についてはいかがですか?

くまんぼう その前は主に受託開発です。企業のPR用アプリや、アーティストのオフィシャルアプリ等、iOSアプリをいくつか作らせて頂いていました。ある企業のアプリは、アップルストアのiPadに展示用として入っています。

—– デベロッパーとして一貫していることはありますか?

くまんぼう 手触り感にすごくこだわっています。今回の『嫁放置』で言えば、端末を傾けると揺れるキーホルダーや、カプセルが転がっていく音等です。「コツコツ」という音だけでカプセルの硬さが伝わると思います。ちなみに、この音は3種類用意してあり、使い分けています。簡単に言うと「おもちゃ感」ですね。手の中におもちゃを持っているようなイメージです。昔「ポケットメイト」ってあったでしょう? アスレチックをテーマにした、小さい銀色の玉を転がしたりっていうおもちゃです。あれを目指しているんです。メーカーから正式にお話を頂ければ作りたいんですけどね(笑)。

—– アプリの開発環境についてお聞かせください。

くまんぼう 場所は自宅で、パソコンは27インチのiMacを使っています。開発環境としてはUnityを使うようになりました。これまではiOS向けのアプリを作ってきましたが、Unityを導入することで『嫁放置』以降のアプリは、Android版も作っていく予定です。Androidは初めてだったのですが「何とかなって良かったなぁ…」という感じです。

—– Unityは、これからアプリ開発を始めようという方たちにもオススメですか?

くまんぼう Unityは多少プログラムが書ける方であれば全然難しくないと思います。最初に動くものを作るまで、本当に短い時間でできますので。ただプログラムが全くいらないというわけにもいかないので、ちゃんとしたものを作ろうと思ったら、それなりに勉強は必要ですが、ユーザーが多く、本やWebでたくさん情報が出ていますので、とてもやりやすいと思います。

—– 奥さまはどんな環境で作業されているのでしょうか?

くまんぼう お古のiMacを使っています。ただ、絵を描くのはMacじゃなくて、iPhoneです。
奥さま 指でポチポチとドット絵を描いています。
くまんぼう 嫁放置の味はそんなところにもあるかもしれません。多分PCで描いても似たようなものにはなったとは思いますが(笑)。今回妻に「全部で1,000枚描いてくれ」とお願いしたのですが、パソコンではまとまった時間が取れないと作業できません。iPhoneなら、料理の合間等に1つ仕上げたりということができます。すでに嫁放置には400枚以上は入っているので、結果的に良かったかなと。本当に描いてくれていて感謝しています。
 一応、1,000枚をこのアプリのゴールにするつもりですが、今後は遊んでくれる人が多ければずっとアップデートを続けられますし、嫁の新作が見たかったら応援をよろしくお願いします!

素人が短期間にいっぱい描くと目に見えて上達する

—– 『嫁放置』を完成させて何か一言頂けますか?

くまんぼう 僕は初めてのUnityということもあって、思ったより時間がかかってしまいました。「やっと出せた」という気持ちです。(奥様に向かって)あと何かある? 「疲れた」とか「本当は描きたくなかった」とか。
奥さま いやいや、それはないですけど。まあ、恥をさらしたかな…って。

—– Twitter等では反響があったようですが、いかがですか?

くまんぼう おかげさまで結構反響は頂いてまして、すごく良かったのが、APPREVIEWさんの記事も含めて「ほのぼのした」とか「夫婦の仲いいのが伝わる」というお言葉が全てを物語っていますが、何となくだらだら遊んじゃってほんわかするようなものを作りたかったので、期待した通りの楽しみ方をして頂けて良かったです。
 バージョン1.0では、クレーンのスピードが遅いという意見があったので、1.1では少しゲームのテンポを速めています。また、テンポを上げたので、クレーン台自体がレベルアップするようにもしました。よりゲームっぽくなっていますので、1.0で楽しめなかった方にも楽しんでいただけると思います。

—– 嫁放置を作るきっかけは何でしたか?

くまんぼう Uintyを勉強しなきゃというのと、久しぶりにゲームらしいゲームを作りたいと思ったことです。ジャンルも、トレンドになっている放置系アプリということですぐ決まりました。しかし、放置系ってどうしても集めるアイテム等のリソースがたくさん必要になってしまうんですが、そこで登場するのが妻です。以前、妻がドラえもんを描いたことがあったのですが、それが…すごかったんです。子どもが泣いちゃうぐらい邪悪に仕上がっていたので、思わず吹き出しで「ぐへへ」と書いたほどです(一同爆笑)。今回は、その味がきっと受けるだろうと思ったのですが…案の定良かったです。
 実は、今日、その系統のイラストをいくつか持ってきています。嫁放置のボツ作品なんですが、ちょっとクイズをやってみましょうか? アプリ内の絵も相当アレですが、その低いハードルを越えられなかった珠玉の作品です。※答えは記事の最後へ。パソコンの方はマウスオーバーでご覧頂けます。






くまんぼう 嫁放置バージョン1.1には「にゃくざ」というシリーズがありまして、ぜひ見ていただきたいです。「にゃくざ」とは、妻が考えた猫のやくざの話です。そのボツ作品ですが、わかりますか?

くまんぼう あと、こういうツールを使ってドットを打っているということを紹介します。これはそのツールを使って御社のフリフリくんを描いてみたものです。

一同ざわつく

こちらがフリフリくん

くまんぼう これらのドット絵は、iPhoneの指で描くアプリで書いているんですよ。
奥さま 基本的に絵は、全部想像で描いてって言われているんです。
くまんぼう 手本が無いほうがが味が出るようです。ちなみに、ホラーシリーズなんかは後半に描いたので、ちょっと腕も上がっています。特に「にゃくざ」シリーズを見るとわかりますが、嫁放置は、うちの妻の絵の上達が感じられるゲームになっています。素人が短期間にいっぱい絵を描くと、目に見えて腕が上がるっていうのがよくわかります。芸術でいう“何とか派”みたいな変化がありまして、書き始め~躍動感(何もかもが踊っているんです)を経て、今は枠を全部使った風景画みたいになってきています。
奥さま 最初の頃は一筆書きみたいだったんです。直すにも、下手なのでどこを直せばいいかわからなくて。直すにも直せないっていう状況です。

—– 嫁放置はお2人だけで作られたのでしょうか?

くまんぼう 本当に2人だけですね。サウンドはフリー素材を使わせて頂いています。発案等もほぼ僕で、絵だけを妻にお願いして、後は任せろという感じです。イラストに付けるコメントは「面白おかしく書くから」と。
 あと、デバッグはしてもらって、その時に意見を多少もらいました。基本的には、「面白いだろ? 面白いだろ? よっしゃあ」みたいな。

—– 初めて奥様のイラストを見た感想は? 奥様を起用して良かったですか?

くまんぼう (良い意味で)「参ったなあ」ですよね。元々狙っていたテイストではありましたが、遊んでくれる皆さんも参ってくれるといいなという感じでした。妻の絵が無ければこのアプリは成り立たなかったですし。
 絵が上達してきたので、今後は、グラフィッカーとしてお願いできるレベルになってくれればいいなと、欲が出ています。シリーズ化も考えていて、タイトルだけは決まっています。ズバリ『嫁タウン』『嫁勇者』! また描いてもらおうかなと思っています。

—– 上達しすぎたら困りませんか?

くまんぼう 上達したらグラフィッカーとしてお願いすればいいので大丈夫です。仮に上達したとしても、女性ならではの感性やほんわかした部分が残るので、それはそれで価値のあるイラストになるでしょう。狙って描いたヘタウマほどおサムイものはありませんからね。そういう意味では『嫁放置』は貴重なアプリになるかもしれませんよ。

—– 2人で作って良かったことを教えてください。また、以前APPREVIEWでご協力頂いた「妻の本音」の影響はありましたか?

くまんぼう ゲーム自体が思っていた通りのものになったことですね。妻のセンスの飛び抜け方は、僕の予想をはるかに超えていました。悪かった点は特にありません。作ることで喧嘩したこともないですし。後はヒットしてくれればいいなあと。
奥さま 全部1人でやっていたので、手が回らないっていうのはあるみたいですね。
くまんぼう 「妻の本音」は周囲でも好評でした。おかげさまで「和尚はわがまま」だと言われましたよ(笑)。あの連載で、他の開発者さんが夫婦で作ってるのを見て、そういうのもいいなと思いました。

奥様にお聞きします

—– 絵の心得はあったのでしょうか?

奥さま 全く無いです。何とか1,000描いてって言われたので、とにかく描かなきゃ! 輪ゴムとかで“かさ増し”しなきゃ! と。卵に至っては7種類くらいあります。色んな角度で描いて、枚数を稼がなくてはならないんです。
くまんぼう 上手に並べてギャグを入れて、ちゃんと順番に出てくるようにして、コメントもきれいにオチへ繋がるように仕込んであるんです。ユーザーへのおもてなしですね。
奥さま 素人へ「何でもいいから描け」と言われても、どうしたら良いか分からないので、とりあえず身近なものをわーっと書いたらあんな感じになりました。

—– 嫁放置でイラストのお仕事をしてどんなお気持ちですか?

奥さま 主人のお手伝いができて良かったです。これまでは全部1人で作っていたので、大変そうだなと思っていたので。
くまんぼう 泣いていいですか?(笑)
 結婚するときに「幸せにする」とは言ってないんです。今も僕の勝手に付き合わせているので。その代わり「退屈はさせない」と約束したんです。
奥さま 今のところは、約束通り、変わった生活ができているなと思っています。
くまんぼう 前述の『マジックリーダー』で、国連から大きな賞を頂いたんです。それで、アラブに招待されて妻も一緒に行ったりしたので、なかなかできない経験かなと。空港行ったら、執事みたいな青年が、僕の名前が入ったプレートを持っていたりして。

—– ところで、ご主人は相変わらずワガママですか?

くまんぼう わがままでしょうね。
奥さま わがままだと思います。一生収まらないと思います。まあそれは自分を貫いているということで良いんですけど。無くなったら寂しいですしね。

—– ご主人と一緒に作ってみたいアプリはありますか?

くまんぼう 2人で作ってみたいアプリとかある?
奥さま 考えたことないですね。そのうち出てくるかもしれないですけど…。
くまんぼう そうそう、今日のインタビューで、1つ思いつきましたよ。たぶんこれが次回作になるでしょう。それは“妻のイラストが何かを当てる”クイズアプリ。今の素材の使い回しができるので、さくっと作れそうです。先ほどのやり取りを見ていると、正解率が異常に低いけど、説明を聞けば「あ~なるほど」って思えるところが絶妙です。当てることが目標ではなくて「あー何だよ!輪ゴムかよ!」という楽しみ方になればと思います。タイトルは『嫁クイズ』?…『謎の嫁』かな? 嫁放置を遊んでくれた人は正解率が上がりますね。よし作ろう、作っちゃおう!

クイズの答え
輪ゴム。

赤い輪ゴム。

盛り塩。

カマキリの卵。

丁字路(ていじろ)。他にも「十字路」等合わせて10個近くあります。「止まれ」も「止」と「ま」と「れ」3つあるんです。ボツですけど。

某人気ゲームキャラ。ちゃんと描けたと思ったらこの有り様です。こんなの入れられません。(一同絶句)

汚いものしか思い浮かばないでしょう? でも、マタタビです。

Ninebonz-その和尚IT系(いたのくまんぼう公式サイト)

コメントは受け付けていません。

PageTopへ