icon_enhanced_notice_lg

Facebookによる「ウェブ閲覧履歴」利用にNO! デジタル広告連合(DAA)とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年6月17日]


2014年6月12日、Facebookは米国内でユーザーの「ウェブページ閲覧履歴」や「アプリ利用履歴」を使った広告表示を開始すると発表しました。履歴の広告利用に同意しないユーザーは、デジタル広告連合(Digital Advertising Alliance)のページでオプトアウトの手続きを行うよう告知がされています。

デジタル広告連合って何者?

Digital Advertising Allianceは、インターネット広告の業界団体で、ユーザーのオンラインでの行動を基にした広告表示に関する自主規制を行っています。この団体のウェブサイトに行けば、加盟している企業のオンライン行動広告をまとめてオプトアウトすることができます。

履歴が消えるわけではない

Facebook広告に「ウェブページ閲覧履歴」や「アプリ利用履歴」を使わせない設定はできますが、Facebookがすでに取得している履歴情報を削除することはできません。Facebookのアカウントを削除すれば90日で個人のデータは削除されるそうですが、Facebookメッセージのログは友だちと共有しているデータなので残り続けます。「非表示にはできるが、確実に消すことはできない」が原則と考えて良いでしょう。

10年ほど前は、ログインしなかったせいでYahoo!メールのログが消えたり、更新しなかったせいで無料ホームページスペースが消えたりと、消えて困る経験の方が多い印象でした。サーバーが進歩した今は、永久に消せないことを前提として、消せないと困る情報はウェブサービスに渡さない方針を取ったほうが良さそうです。

Digital Advertising Alliance
Making Ads Better and Giving People More Control Over the Ads They See

コメントは受け付けていません。

PageTopへ