日本初MOOC『gacco』

世界の一流大学の授業をオンラインで『MOOC』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年6月09日]

 「MOOC(ムーク)」ってご存知でしょうか?「Massive Open Online Course」の略称で、オンライン上で誰でも無料で受講できる大規模で開かれた授業のことです。アメリカなどの大学ではかなり普及していて、インターネット上の「MOOC List」というサイトには様々な授業がエントリーされています。

 「MOOC」を利用すれば世界の一流大学の教授の授業がどこからでもオンラインで受講できます。講座ごとに授業の開始時期が決まっており、受講者は自分が受講可能な講座にエントリーします。単に授業を聞くだけではなく、課題も出ます。受講者同士による相互採点システムが採用されている場合も多いです。

受講の方法は?

『Coursera』で「Politics」と検索してみる。

 たとえば、政治学の授業を受講したいとします。スタンフォード大学の教授陣が中心となって作られた『Coursera』というサイトを利用してみます。

 すでに開講中ですが、オランダのライデン大学とスイスのジュネーヴ大学による合同授業「Challenging in Global Affairs」がでてきました。

修了証がもらえる。

  国際政治経済学の理論や、国際機構の成り立ちについて学べるようです。一定の条件を満たした受講者は修了証がもらえます。さまざまな講座を受講して、修了証を集めてみるのもいいかもしれません。

 「MOOC」を使えば、日本にいながら海外の一流大学の授業が受講できます。最新の知識はもちろん、英語のリスニング力も鍛えられそうですね!

日本の大学でも始まった

日本初MOOC『gacco』

海外で人気の「MOOC」ですが、日本国内のサービスもはじまっています。NTTナレッジスクウェアが4月にオープンした『gacco』は、日本初の「MOOC」サービスです。

 通常のビデオ講義にくわえ、ディスカッションボードでの議論、課題の相互採点など様々なシステムを採用しています。『Coursera』同様、一定の成績を収めれば修了証がもらえます。

 ITmedia ニュースによると、会員数は4月26日に5万人を超え、第一弾の東京大学・本郷和人教授「日本中世の自由と平等」は2万人が受講したそうです。現在、受講者を募集しているのは早稲田大学・栗崎周平准教授「国際安全保障論」です。開講予定日は6月16日です。関心のある方はお早めに!

【参考リンク】
・海外の「MOOC」サービス
MOOC List
Coursera
Udacity
edX
・日本発の「MOOC」サービス『gacco』
gacco The Japan MOOC

コメントは受け付けていません。

PageTopへ