top

これでもイカサマできる? 本場アメリカのハイテクカジノがすごい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年6月06日]

つい先日、自民党が今国会でのカジノ法案成立を見送る方針を決めた、というニュースが流れたばかりだが、ふと本場のカジノに目を向けてみると、そこには予想以上にハイテクな世界が広がっていた。
今回は『テキサスホールデム』と呼ばれる種類のポーカーの大会の実例を取り上げてみようと思う。
Explaining RFID Technology and Poker

『テキサスホールデム』ってなに?

テキサスホールデムとは、アメリカのカジノで最もポピュラーなポーカーであり、通常8人前後でプレイされる。その人気ぶりはスポーツ専門チャンネルでトーナメントの様子がテレビ中継されるほどらしい。

このゲームにおいては、各プレイヤーに配られた2枚の手札と全プレイヤーに公開された5枚の場札で役を作るのだが、賭けるタイミングが4回あり、そこでの心理戦が非常にスリリングで人気を博している。
(賭けるタイミングは手札が2枚配られた時、場札が3枚まで公開された時、4枚目の場札が公開された時、5枚目の場札が公開された時、の4回だ)

テキサスホールデムのイメージ(このゲームはPokerStars.jpから無料でDLできる)

このゲームのテレビ中継で、各プレイヤーのみにしか公開されない手札を観客に見せる方法が無駄にハイテクで面白いのだ。

Suicaと同じ仕組みを搭載したカードを使用!?

テキサスホールデムの世界で最も大きなトーナメント”World Series of Poker”(通称:WSOP)で使われているトランプには、RFIDという技術が組み込まれている。
“RFID”という名称になじみは無いかもしれないが、”Suica”や”おサイフケータイ”などに使われている技術がRFIDだ。要するに、カードをタッチしてピッってするアレのことである。
一般的に言い直すと、ID情報を持ったICタグを読み取り機(RFIDリーダー)で読み取る仕組みのことをRFIDという。

WSOPのテレビ中継では、テーブルにRFIDリーダーを埋め込み、それでICタグを埋め込んだトランプの情報を読み取って、各プレイヤーの手札を中継画面に表示している。
また、ゲームで用いるコインにもICタグが埋め込まれており、ベット金額もテーブルが勝手に集計してくれるというから驚きだ。

勝率まで計算して表示する本気っぷり。

ちなみに、当然と言えば当然だが、この大会でのRFIDではイカサマ対策のためにIDタグの持っている情報は暗号化されている。
さらに、トランプの個別情報は100kHz以下の低周波で通信を行っているため、トランプが1cmでもリーダーからずれると認識されないようになっているらしい。これもテーブル以外の機器から情報を読み取られないようにするためだ。すげえ。

RFID導入はセキュリティ対策にもなっている

この無駄にハイテクな”RFIDトランプ”、テレビ中継用としてだけでなく、カジノのセキュリティ対策にも一役買っているようだ。

具体的には、カジノで使われているトランプと同じ見た目のトランプを偽装したとしても、RFIDシステムまで完璧に偽装しない限りはそのカードは使った瞬間に偽装だとバレてしまう。
トランプの見た目は見れば分かるが、RFIDタグのIDがどのように暗号化されているのかなどは見ても分からないので偽装トランプの防止になっている。

また、トランプがカジノのどこにあり、どのように使われているのかという情報もこのRFIDで管理している(これはトランプの数字とマークを示す個別情報とは別のタグを使っている)。
つまり、トランプの持ち出しを防止しているのだ。これによってカードの不正な持ち出しや握りこみも防止している。

Explaining RFID Technology and Poker

冒頭で紹介した写真がRFIDだ

昔のテレビ中継はどうしていたの?

じゃあRFIDという技術が出てくる以前はどうやってテレビ中継していたのかと言えば、ポーカーテーブルの縁の部分にもの凄く小さなカメラが仕込まれていて、下の画像のように中継していたらしい。

カメラ

WSOPは2012年までこの方法で中継されていたらしい

その他にも、テーブルの一部のエリアを透明なプラスチックで作り、そこの上にカードを置いてテーブルの中のカメラの映像を流すなど、色々と工夫を凝らして中継していたようだ。
ここまでしていた時代があることを思えば、本気で”RFIDトランプ”を導入したのも納得できる。
カジノが身近でない我々には理解できない情熱なのかもしれない。

日本のカジノはどうなる?

もし仮に日本でカジノが合法化された場合、おそらく最先端の技術を用いたハイテクカジノが開かれることは間違いないだろう。
カジノ法案が成立した際は、”ハイテクカジノ”の視点からカジノに注目してみるのも面白いのではないだろうか。

▼参考リンク
Explaining RFID Technology and Poker
ポーカー オンライン – PokerStars.jp
WSOP 参考動画(YouTube)

コメントは受け付けていません。

PageTopへ