mzl.occhxwkg.175x175-75

Apple公式アプリ『Find My iPhone』を悪用したiPhone乗っ取りが多発!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月28日]


Apple製の端末を紛失したとき、リモート操作でデータを保護できるアプリ『Find My iPhone』がAppleの公式アプリとしてリリースされています。しかしこの機能を悪用し、他人の端末をハッキングして金銭を要求する被害がオーストラリアで多発しています。

  • 紛失したiPhone、iPad、iPod touch、Macの位置を地図を使って確認する
  • 端末をパスコードでリモートロックする
  • 端末上で最大音量で2分間再生したりメッセージを表示したりする
  • 端末上の全データをリモート消去する

『Find My iPhone』には以上のような機能があります。端末をなくした時に自分で使うのは便利ですが、Apple IDとパスワードを盗まれた場合、他人に自分の端末をリモート操作される可能性が発生します。オーストラリアの被害事例では、リモートでiPhoneをロックされて「ロックを解除するにはPayPalで100ドル支払え」と要求されたそうです。被害にあった方々はiPhoneを工場出荷状態に戻すことで、端末の操作権限を取り戻しています。

端末を遠隔操作する技術は、RAT(Remote Access Tool)と呼ばれるタイプのソフトウェアとして昔から存在しています。例えば、AndroidをターゲットにしたRAT「AndroRAT」はオープンソースとして無料配布されており、apkファイルに「AndroRAT」を簡単にバインドできるツールも手の届く価格で販売されています。

遠隔操作自体は、使い方さえ正しければ便利な技術。他人に権限を奪われないためにどうすればいいのか…この対策が肝要ですね。

My devices have been hacked. What do I do?
新しい iPhone として復元する(工場出荷状態に戻す) | お客さまサポート | iPhone | モバイル | ソフトバンク

アプリ基本情報

mzl.occhxwkg.175x175-75

iPhoneを探す

配信元:Apple

iOS価格:無料

※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年05月28日)の情報です。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ