adfurikun

【アプリ開発者必読】SSPを使った広告収益最大化を伝授!(1/4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月28日]

SSPサービス『アドフリくん』のメディア窓口/コンサルティング担当の小室です。私は、SSPサービス『アドフリくん』のご説明をアプリ開発者様やメディア様へ行なう営業、及びマネタイズにおけるコンサルティングを日々行なっております。

『WEB広告ナビ』掲載の国内SSP一覧

SSPは、アプリ開発者がマネタイズをするための手法として注目を集めており、国内だけでも10数社(左図)がサービスを提供するまでになっています。
ここでは、アプリ開発者の方々が広告で最大の収益を上げるための「効果的なアドネットワーク運用方法」について、弊社のSSPサービスを例に使ってご紹介させていただきたいと思います。

SSPとは?
Supply Side Platformの略。メディアの広告枠を販売する際、その収益を最大化するツール。アドエクスチェンジやRTB(Real Time Bidding。オンラインで瞬間的に行なわれる入札)を利用して、広告のインプレッションごとに最適な広告を配信することができる。複数の広告を一元管理できるという意味でもアプリ開発者のメリットは大きい。

【アプリ開発者必読】SSPを使った広告収益最大化を伝授!
その1 アプリの広告に複数のアドネットワークを運用するメリット
その2 SSPにおける最適なアドネットワークの利用数
その3 正しいマネタイズは正しいeCPMから
その4 アドネットワークの効果的な運用方法について

アプリの広告に複数のアドネットワークを運用するメリット

アドフリくんを利用すれば、国内外20社程のアドネットワークを“1つのSDK”で簡単に利用する事ができます。
これは大変便利なのですが、たくさんのアドネットワークを一気に利用する事によって「逆にアドネットワークの収益性を下げてしまう」場合もあるのです。
そもそも、SSPを使ってアドネットワークを複数利用するメリットは何でしょうか?

「複数のアドネットワークと契約、それぞれのSDKを複数アプリに埋め込み、そして運用をしていくのはとても面倒だ。効果が良いとウワサされているアドネットワークを1社使っておけばいいじゃないか」

SSPを知らない多くのアプリ開発者の方々が、そう思っているのではないでしょうか? そういう方々こそ今回の連載を読んで、ぜひ効率的なマネタイズを実現して頂きたいのです。

収益の最大化

実は、【アドネットワーク(が配信している広告)】と【メディア、またはアプリ】には“相性”が存在します。このため、アプリの掲載面や季節によって収益性(eCPM)の高いアドネットワークが毎回異なってくる場合があります。
以下の図はアプリによって収益性(eCPM)の高いアドネットワークが見事に異なっている例です。同期間(2014年 4/28~5/5)においてアプリによってeCPMが大きく異なります。

アプリAとアプリBのアドネットワークのeCPM推移グラフ

このような結果は、あまり珍しいことではありません。1社のアドネットワークに頼らず、SSPを利用してアプリとアドネットワークの収益性を知る事で、時期に応じて「常に一番収益性の高いアドネットワーク」をメインで配信する事が可能になります。
また、アドネットワークによっては、期間限定で単価保証のキャンペーンを行なっていますので、その期間はキャンペーン対象のアドネットワークを利用するなど、臨機応変な対応もできるのです。

SSPは広告収益のリスクヘッジ

SSPを使わず、1社のアドネットワークのみを利用している場合、一番怖いのは自分が今利用しているアドネットワークの状況が悪いことに気が付かないことです。
SSPを使っていれば、アドネットワークの単価を比較できるため、こうしたことは起こりにくい状況をつくることができます。具体的にアドネットワークの状況が悪いというのは以下のようなことが考えられます。

  • 配信している案件のクリック単価がそもそも低い
  • 広告案件が全然なくて「空き枠」が出まくる
  • NGにしたはずのエロバナーがなぜか配信されている
  • 最初はクリック単価が良かったけど、広告主の効果が合わずドンドン単価が下がってくる
  • アドネットワークのサーバーが落ちて広告が配信されてませんっ!

などなど

SSPサービスを使っていれば、このような状態に陥った時に、いち早く、その事態をし知ることができるため、素早く別のアドネットワークに差し替える事ができるので、とても安心です。
SSPを使うメリットは【収益の最大化】だけでなく【リスクヘッジ】という点でも大きなメリットとなります。

初回は、基本的な説明でスペースを使ってしまいましたので、次回は本題である「アドネットワークの効果的な運用方法」についてガッツリと説明していきます。お楽しみに!

▼参考リンク
WEB広告ナビ国内SSP一覧
アドフリくん

コメントは受け付けていません。

PageTopへ