twitter-bird-white-on-blue

Twitter公式がミュート機能を実装!どんなユーザーが非表示にされそう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月13日]


「フォローは外せないけどツイートを見たくない」。そんな需要に応える機能が2014年5月13日、Twitterに実装されました。「ミュート機能」をオンにした人からのツイートやリツイートは、タイムライン上に表示されなくなります。

ブロックとは何が違う?

ブロックの場合、被ブロック者はブロック者のツイートをリツイートしたりお気に入りしたり、ブロック者に対してリプライを送ったりということが出来なくなります。また、被ブロック者からブロック者へのフォローも自動的に外れます。よって、ブロックされたことが本人にわかってしまいます。
ミュートの場合、ミュートされていることが本人にはわかりません。ただミュートされている人のツイートがタイムラインに出てこなくなるだけで、ほかの機能はすべて使えます。

非公式クライアントのミュート機能

これまでミュート機能はサードパーティー製のtwitterクライアントによって提供されてきました。特に『Janetter』のミュート機能が充実していると評判です。ユーザー単位でミュートにするだけでなく、指定したNGワードが含まれるツイートや、指定したアプリによる投稿を非表示にすることができます。現在はこうした差別化要因がありますが、twitter公式が今後もサードパーティー製のクライアントの機能を吸収していくと、差別化が難しくなる可能性があります。
Twitter API 1.0完全廃止!非公式Twitterクライアントが続々死亡で難民大量発生

どんな人がミュートされそうか

「○○な人はRT」など拡散希望ツイートをする人

「○○と思う人はRT」「○○と思う人はRT、××と思う人はふぁぼ」「○○RTされたら××する」など、見た人に拡散を要求するツイートがウザいと思われがちなようです。拡散されることにより目にする人の数が多くなると、ウザいと思われてしまう機会も増えるのでしょう。

実況ツイートをする人

テレビ番組などの実況を行うユーザーによってタイムラインが「ああああああああ!!!!!」「うおおおおおおおおおお」などのツイートで埋まる状況を嫌う人が居るようです。実況が行われる時間帯だけミュートして、その他の時間は解除することで解決できます。ミュート機能の最も有効な使い方なのではないでしょうか。

ネガティブツイートをする人

「こういうことされるのほんと無理…」のみのツイートなど、誰によるどのような行為に対して言っているのかわからない愚痴は「自分のことを言われているのでは?」と目にした人の不安を煽ったり、「誰かに詳細を聞いて欲しそうな構ってちゃんぶりが嫌」といった理由で嫌われることがあるようです。体調不良や憂鬱な気分についてのツイートも、数が少なければ心配してもらえますが、頻度が高くなると「構ってちゃん」と認識され不評な傾向にあります。

疑心暗鬼を生みそうなミュート機能

自分の投稿したツイートがフォロワーに読まれているのか読まれていないのか、わからなくなるミュート機能。「見たくないツイートを見ずに済むし、角が立たないので良い機能」と歓迎する声もあれば、「読まないならブロックかリムーブして欲しい」と否定的に見る人も居ます。
しかしSNSとの向き合い方・付き合い方は人それぞれ。四六時中全方位に配慮をしながらツイートする義務も、フォローしている人のツイートを必ず読む義務も無いのです。みなさま、楽しいツイッターライフを!

Twitterヘルプセンター | Twitterユーザーのミュート

コメントは受け付けていません。

PageTopへ