2dc1dec75a0dfb78d72dba200eac41af_s

条件は「15,000リツイート」女性教師と男子学生の約束は守られたのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月12日]

楽しい夏休みを妨げる期末試験…学生の頃は「いっそのこと試験なんて消えてしまえっ」なんて考えた事はないでしょうか?米テキサス州の男子高校生と美術の先生の間で、そんな夢の様な交渉が成立していた事が分かりました。

男子学生のAndrew Muennink氏は7日、Twitterで「15,000リツイートで美術の期末がなくなる」との内容で本人と美術の先生が握手をしている写真を投稿しました。記事執筆時点で既に15,000リツイートを突破していますが、USA Todayによると、リツイートの結果はともあれ、試験はそのまま続行するようです。

当高校学区の広報担当JoyLynn Occhiuzzi氏は、「法律では、教師は生徒の習熟度で評価しなければいけないと定められている」と電話インタビューで答えました。また、当高校の校長であるNatalie Nicols氏が美術の先生と学生のMuennink氏と話した結果、「初めから冗談だったと双方が主張している」と述べていたそうです。

しかし、学生は「本気だった」、「取引は取引だから、その約束を守らないと」と不満げに答えたそうです。

先生と交渉する学生は多かった

▽参考記事
USA Today

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ