twitter-bird-white-on-blue

フォロー解除ができないあなたへ。Twitterがミュート機能をテスト中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月02日]

画像引用:@missambear

Twitterクライアント「TweetDeck」や「Tweetbot」でお馴染みのミュート機能が、公式アプリに登場するかもしれません。米The Next Webによると、一部のTwitterユーザーがフォローを解除しなくても相手のツイートを非表示にするオプションを確認したそうです。これで、頻繁過ぎるツイートや、イライラする呟きに悩まされることが無くなるでしょう。

今回確認されたミュート機能では、特定のアカウントの呟きをタイムラインに表示しないようにし、ダイレクトメッセージや通知はこれまで通り届くようです。再度、手動でオプションを回避しない限り、永久にツイートが表示されません。もちろん、相手にはミュートした事は気付かれません。

TweetDeck

TweetDeck(2011年にTwitterに買収)には、特定アカウントやハッシュタグ、キーワードのフィルターでブロックできるミュート機能があります。また、Tweetbotの場合は、ミュート期間を1日、1週間、1カ月、永久と細かく設定できるようになっています。

Twitterが昨年6月に、Twitter APIを1.1に移行した事により、非公式Twitterクライアントを中心としたTwitter連携アプリに大きな影響が出ました。API 1.1に対応していなかったクライアントは続々と撤退していきました。Twitter公式アプリがミュート機能に対応する事で、さらなるクライアントの締め出しに繋がるのではないでしょうか?

▼参考記事:
The Next Web
Verge

コメントは受け付けていません。

PageTopへ