dd31b6372aa5d2001b787b5f38549b4dadeabe1d.07.2.14.2

海外からの旅行者が困るニッポンWi-Fi事情

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年5月01日]

 訪日旅行者から「日本には公衆Wi-Fiが少ない」と苦情が相次いでいる。ニュースサイト・サーチナでは「訪日した欧米人が困る『ネットのWi-Fi接続』」と題し、フランスの情報サイト『Kanpai』に掲載された意見を紹介している。ある訪日旅行者が最も困ったのは、宿泊施設におけるWi-Fi接続ポイントが少なさだ。日本のホテルのロビーではWi-Fi環境が比較的ととのっていたが、室内ではインターネット接続のためにケーブルが必要な場合が多かったという。最近では東南アジアなどのリーズナブルなゲストハウスでもWi-Fi環境がととのっていることが多いだけに、この旅行者はハイテクのイメージがある日本のWi-Fi環境に驚いたようだ。

 日刊SPA!の「日本の公衆無線LAN事情に、訪日旅行者から不満続出 」という記事では、「マクドナルドやスタバで使おうと思ったら登録が必要だった」、「英語での説明がない」などといった訪日旅行者の切実な声を紹介している。日本にもファミリーマートの提供する「Famima_Wi-Fi」や、スターバックス店内の「at_STARBUCKS_Wi2」などいくつかの無料Wi-Fiはある。だが、登録が必要なものが多く、旅行者がすぐに使うには難しいだろう。訪日旅行者の苦情も理解できる。

安全性と利便性のバランスが重要

 日本ではなぜ公衆Wi-Fiが少ないのだろうか?海外のモバイル通信事情に詳しいビジョン社長の佐野健一氏は、日刊SPA!の取材にこう答えている。「セキュリティなどの問題から、携帯キャリアなどが提供しているWi-Fiサービスでは事前登録が前提になっていることがほとんどです」。確かに、暗号化されていない無料Wi-Fiを利用した場合、通信内容が外部へ筒抜けになる可能性がある。そういった危険性から、自前登録が前提になっているのだ。

 だが、スマートフォンで現在位置をたしかめるなど旅行者がインターネットを必要とする機会はすくなくない。東京五輪なども含め、訪日旅行者の増加が望まれるなか、日本でも安全性と利便性のバランスをとりながら公衆Wi-Fiを充実させる必要がある。旅行者のIT環境を整えるのも大事なおもてなしになるだろう。

▽参考リンク
【仏国ブログ】訪日した欧米人が困る「ネットのWi-Fi接続」 2012/09/17(月) 10:59:48 [サーチナ]
日本の公衆無線LAN事情に、訪日旅行者から不満続出 | 日刊SPA!
海外の公衆無線LAN事情はどうなっている? | 日刊SPA!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ