google+

次のジャーニーへ~さらばGoogle+のVic Gundotra氏!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年4月25日]

Googleのソーシャルプラットフォームを創り上げたVic Gundotra氏は、8年間のGoogleでの勤務を経て、退社する決意をGoogle+で発表しました。今後の予定については、詳しく明かされなかったものの、次の旅を楽しみにしていると伝えました。

Gundotra氏は、「And Then」(その後)と言うタイトルのブログで、以下を表明。

妻の伯父は先月、昼食を買いに行った際に乗車していた自転車がトラックにはねられて亡くなりました。彼の娘が追悼式で、感動的な話をしてくれました。

彼女の父は、毎日電話をしてくれたそうです。しかし、通常の「元気?」や「最近はどう?」で会話を始めるのではなく、毎日の会話は「その後は?」で切りだしたそうです。彼女の父は、会話は前回の続きと考えていたそうで、彼女にとって最も苦しいことは、父の「その後は」を二度と聞けない事だそうです。泣けてきました。

我々は仕事に心と魂を注ぎ、それはいつの日か愛して、大切なものになります。しかし、今日の課題は次の課題に進むことで、いつかは「その後」に変わります。

Gundotra氏は、Microsoftで15年間勤務した後に2007年にGoogleへ加わり、これまで開発者を支援するデベロッパーリレーションズやモバイル部門を率いて、Googleマップにも搭載されているターンバイターンナビの開発に貢献してきました。また、今では恒例のGoogleの開発者向けカンファレンス「Google I/O」も、同氏がスタートさせてきたとされます。

米Re/codeが得た情報によると、Gundotra氏の後任はGoogle+幹部(エンジニアリングの副社長)のDavid Besbris氏だと言う。

▼参考記事:
Google+
re/code

コメントは受け付けていません。

PageTopへ