will.i.am

ブラック・アイド・ピーズのウィル・アイ・アムがスマートウォッチ開発に乗り出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年4月07日]


大手ハイテク企業がウェアラブルデバイスに進出する時代。BLACK EYED PEASのメンバーで、IT投資家でもあるwill.i.am(ウィル・アイ・アム)氏は、自身が立ち上げたプロジェクトで「スマートウォッチ」を手掛けいている事を英国テレビ番組Alan Carr:Chatty Manで明かしました。

同氏は、司会者に「僕はもう携帯電話を持たないよ。これ(デバイス)が僕の携帯電話さ」と話し、通常のスマートウォッチとは違って携帯電話が不要である事を伝えました。また、デバイスのタッチ画面で数字キーをタップしながら「デバイスには僕の音楽が全て入っています」と述べ、自身の楽曲をデバイスで再生しました。

同デバイスでの通話はもちろん、Twitter、InstagramやFacebookのアプリも装備しているようです。Will.i.amの公式Twitterアカウント(@iamwill)によると、デバイスは7月にリリース予定とのこと。

ウェアラブル市場では最近、スマートウォッチの開発を後押しするGoogleのウェアラブル向けOS『Android Wear』が発表されています。QualcommやFOSSIL、さらにはスマホメーカーを代表するLGやMotorolaがAndroid Wear搭載のスマートウォッチの開発を進めています。なお、will.i.amのスマートウォッチのスペックは公開されていないため、Android Wearの搭載については確認できておりません。

▼参考記事:
The Next Web

コメントは受け付けていません。

PageTopへ