歌舞伎

全力でFacebookの自動顔認識を検証してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年4月03日]

どうもこんにちは。新人のやすだです。
最近こんな噂を耳にしました。
Facebookに写真をアップロードすると”○○さんをタグ付けしますか?”と聞かれることがある。」と。
これはFacebookの自動顔認識と呼ばれる機能であり、写真に写った人を誰だか判断し、タグ付けを促す機能らしい。(設定からオフにすることもできる。)
はたして一体、この自動顔認識とやらはどこまでの性能なのか。少し気になったので今回はFacebookの自動顔認識を検証してみる。

自分の顔でさっそく検証

とりあえず自分の顔を撮ってもらってFacebookにアップロードしてみた。

うん、ちゃんと認識されてるな。
カーソルが鼻をほじっているように見えかねない場所にあること以外は問題なし。

次はメガネをはずしてみた。

Facebook、俺の素顔まで知ってるんだな…

サングラスをかけてもばっちり認識。

なんだか段々顔を隠したくなってきたぞ。

というわけで今度はハワイに向かう芸能人スタイル。

!!
認識されない!!!
どうやらFacebookの顔認識もフライデーの芸能記者には敵わないようです。

サングラスかけた状態以外でもマスクをつけて撮ってみた。

しかし、やはり認識はされなかった。

Facebookの顔認識のしくみって?

どうやらFacebookの自動顔認識の結果には、

顔が認識される、顔が検知される、そもそも顔が検知されないの3種類があるようだ。

気になったので、顔認識のしくみについてFacebookの公式サイトで調べてみた。
それによると、

現在Facebookでは、目や鼻、耳の間隔などの顔の特徴に基づいて独自の数(「テンプレート」)を算出するアルゴリズムを使用した顔認識ソフトウェアを使用しています。このテンプレートは、Facebookのプロフィール写真とFacebookでタグ付けされた写真に基づいています。Facebookは、これらのテンプレートを使用して、あなたの友達のタグを提案し、写真へのタグ付けを支援します。

難しそうなことが書いてあるが、ざっくり言えば「Facebookでタグ付けされた過去の写真から、個人の目や鼻、耳などの特徴を覚えて、それと照合して認識していますよ。」と言っている。

なるほど!たしかに認識できなかったマスクでは鼻や口などの特徴が隠れている。

ちなみに、アングルを変えてみても、

はしゃいでみても、

しっかり認識。

顔の特徴を隠さなければ割と強烈な変顔をしても認識するようだ。
ただ、サングラスで目を隠した場合も顔は認識されたし、どんな風にどこを隠すのかがポイントのようだ。
しかし色々な隠し方を試して撮るのは単純にめんどくさい時間がかかりすぎる。

さて、どうしたものか。と思いながらふと目をやると、女子高生たちが楽しそうにプリクラに落書きをしている。
・・・これだ!自分も写真に落書きをしてもうちょっと色々試してみよう。

落書き写真で再検証

まずは1枚撮ってみる。

目をつぶったくらいでは認識に影響はない。
サングラスをかけても大丈夫だったことを考えると、これは予想通り。

この写真にプリクラのような落書きをしてみる。

口を隠しても、目を隠しても、鼻を隠しても、きっちり認識。

しかし、メガネ全体を隠すと

認識されなくなる。
顔の検知すらされない。

なるほど。あの犯罪者とかの顔隠すやつ意味あったんだな…と思って試してみると…

しっかり認識。

色が関係あるのだろうか?と思ってやってみたら

これも認識。どうやら色も関係あるらしい。
そういえばサングラスかけた状態でも認識されたのだった。たしかにこれは納得。

ちなみに、顔の複数のパーツを隠してみると

左から順に、顔の検知のみされる、顔が検知されない、顔が認識される、という結果になった。

ううむ奥深い。

ここまでのまとめ

なんだかちょっと分かったような分からないような微妙な気持ちになったので、ここまでの結果を表にまとめてみた。

目を隠した時の結果など、まだまだ謎も残っているが、とりあえず鼻と口を同時に隠した時は確実に顔が認識されていないことがわかる。

以上より、Facebookの自動顔認識と戦う武器としては、鼻と口を同時に隠すことができるマスクが最強であると結論付けたい。※注

番外編

逆に、目、鼻、口が全て見えていればどんな顔でも認識されるのだろうか?
せっかくなので最後にもう一つだけ検証してみよう。

最後の検証に使うのは、これだ。


キレイになれる伝統芸能、「歌舞伎フェイスパック」だ。
これが使いたかっただけでは決してない。
Facebookの顔認識をなんとしても自分が検証しなければ!という使命感ゆえの行動である。


気合は十分。これで最後の検証だ!
目も鼻も口も隠れてないし、これはきっと認証されるはず!!!!


お肌がもちもちになりました。

※注
過去にタグ付けされた各個人の写真データを元に作ったテンプレートと照合して認識を行っているため、たとえば「普段からマスクを付けた写真がタグ付けされている」ような人の場合はマスクの効果がない可能性があります。
また、Facebookの顔認識と戦って勝っても、タグ付けのサジェストがされなくなるだけなので意味はあまりありません。
本気でタグ付けを気にしている場合は、設定から「ユーザーの投稿に他の人が追加したタグを、表示する前に確認しますか?」をオンにしましょう。自分へのタグ付けが公開される前にそのタグ付けを確認し、承認または拒否することができます。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ