リコール対象製品:Fitbit Force

ヘルスケアしたらアレルギー…そのFitbit大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年3月13日]

活動量計ウェアラブル『Fitbit』を着用している方は、皮膚のかぶれに注意して下さい。

リコール対象製品:Fitbit Force

米国消費者製品委員会(CPSC)は12日、ワイヤレス活動量計「Fitbit Force」(モデル番号 FB402BK、FB402BKS、FB402SL、 FB402SLS)の利用者にアレルギー反応が出る事から、102万8,000台(アメリカから100万台、カナダから2万8,000台)ものFitbit Forceをリコールすると発表しました。

Fitbit Forceを着用してアレルギー反応を起こした、ユーザーより写真提供。
画像引用:abc News

皮膚のアレルギーを起こしたユーザーは、Fitbit Forceのステンレス製筺体、ストラップに使用される材料、また、組み立て時に使用される接着剤にアレルギー反応が出ているとされ、Fitbit社はこれまで、皮膚の炎症を報告したユーザーは9,900人、また、水膨れの症状は250件報告された事を明かしました。Fitbit Forceは既に販売停止となり、同社はCPSCと共に回収を実施しているとのこと。

Fitbitホームページ

Fitbit Forceの返品希望者は、Fitbitに連絡すると全額払い戻しが受けられることになっています。

▼詳しくはコチラ:
CPSC
abc News

コメントは受け付けていません。

PageTopへ