gtyふゅ

【まるでLEGO?】組み立てて作るスマートウォッチ『blocks』の発売が待ちどおしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年3月10日]

前回のスマートウォッチの記事では、現時点で発売中のスマートウォッチに焦点を当てて書きましたが、日々加熱するスマートウォッチ開発競争の中、強く好奇心を揺さぶられるスマートウォッチが発表されましたので紹介します。
まずはこの画像をご覧ください。

このスマートウォッチの名前は『blocks』といいます。
一見、子供のオモチャのようなデザインのスマートウォッチですが、実はとてつもないギミック性を秘めているのです。

細胞(?)のようなブロック

「blocks」の最大の特徴はこのブロックにあります。このブロック一つ一つには、それぞれ異なった機能があり、まるで細胞の様にブロックを一つのベルトとしてつなぎ合わせると自分だけのスマートウォッチになるのです。

カメラ機能、ジェスチャー機能などそれぞれ機能を持つ

ディスプレイやカメラの種類も選択できる

用途に合わせて機能を選択!

この「blocks」はそのユーザーの生活、目的に合わせてカスタマイズできる所が売りになってます。

例えば、

  • スポーツの時には、「LEDディスプレイ+動作感知機能+心拍数測定機能+血中酸素濃度検知機能」のウェラブルデバイス
  • 冒険の時には、「E-linkディスプレイ+GPS+温度計+追加バッテリー」のサバイバル特化型スマートウォッチ

と、可能性は無限大に広がっています。

そして、機能の拡大やスペックの改良を加えたい時は、従来のスマートフォンの場合は新製品が出るたびにスマートウォッチごと買う必要がありましたが、blocksは単一のブロックがそれぞれに機能を有しているので、必要な機能を持つブロックを買えば事足りてしまうのです。また、ブロックには追加でアプリ機能の補充も行え、ネット上で一括管理しカスタマイズを行えます。

アプリなどの機能を補充することができるカスタマイズ画面

気になる発売時期は?

同社はデベロッパー向けにコミュニティを作り解放する事も予定しているそうです(個人、企業が自由にブロックやアプリを開発できるオープンプラットフォーム)。

気になる発売時期に関しては「現在、生産中」と記されているものの、具体的な時期は不明です。

公式サイト:blocks

コメントは受け付けていません。

PageTopへ