amazon

Amazonが音楽ストリーミングサービスを提供するとの報道

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年2月28日]

米Amazonは、会員制プログラム「Amazonプライム」に登録しているユーザーに向けて、Spotifyの様な音楽ストリーミングサービスを提供する可能性があると米Re/codeが報道しました。同社は現在、複数のレコード会社と初期段階の話し合いが進んでいるとされています。Amazonプライム加入者は、無料配達を年間79ドルで利用できるのに加え、Netflixで放映している映画やドラマを無制限にストリーミング、さらにKindleユーザーであれば毎月1冊の電子書籍を無料で読める特典があります。

1月に発表された米Amazonの収支報告では、Amazonプライムの年会費用が79ドルから119ドルに値上げされる可能性があると伝えられています。年間費用が値上げされたとしても、ユーザーは毎月約10ドルでサービスを楽しめる事になります。ちなみに、Spotifyの有料サービスは月額9.99ドルですから、Amazonプライムに加えストリーミングサービスが利用できるとなると、ユーザーが享受できるメリットには大きなものがありそうです。

Amazonは2012年に、同社のデジタル音楽事業部にSonyミュージックの幹部Michael Paull氏を引き抜き、さらには音楽ストリーミングサービスRhapsodyやMOGの担当者を事業開発に採用。また昨年には、Rhapsodyのライセンシング担当のAdam Parness氏を雇い、同社のデジタル音楽部門は数年で強化している様子。既に2000万人が加入しているとされるAmazonプライムサービスにおいて、音楽ストリーミングは魅力的なサービスになると考えられています。

▼参考記事:
Re/code

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ