whatsapp

WhatsAppの開発者、過去にFacebookの面接に落ちていた→3255億円ゲット\(^o^)/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年2月20日]

IT業界を騒がしている本日のビッグニュースと言えば、FacebookがWhatsAppを総額190億ドルで買収したこと。WhatsAppが立ち上がる前の2009年、大手IT企業YahooやAppleで経験豊富なソフトウェアエンジニアだったBrian Acton氏は、転職活動で苦戦していた。

先ずは初めに、Twitterが5月にActon氏を断る。

Twitter本社に落とされた。まぁ、長い通勤になるところだったから良いさ。

同氏はまたして9月に、大手Facebookに断られる。

Facebookに断られた。素晴らしい人たちと繋がる、絶好な機会でした。人生の次なる冒険を楽しみにしています。

大手での転職が決まらなかったActon氏はその後、元YahooのJan Koum氏とスタートアップの道に進み、WhatsAppを凄まじいメッセージプラットフォームに成功させました。米Forbesによると、Acton氏はWhatsAppの株式を約20%を保有しているため、個人で最低32億ドル(約3255億円)を回収するそうです。大手に転職せず、スタートアップの立上げと言う冒険をして正解でしたね。

※2月20日の為替レート、1ドル:約101.74円(Yahoo!ファイナンス)

▼参考記事:
He Wanted A Job; Facebook Said No — In A $3 Billion Mistake

コメントは受け付けていません。

PageTopへ