FusionCalc2

“妻の本音”を開発者の夫へ…『FusionCalc』シリーズでおなじみのスタジオルーペ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年1月16日]

 民法の第七百五十二条にはこんなことが書かれています。

夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。

 ストアを賑わす個人開発者たちは、どんな家庭環境でアプリを作っているのでしょうか? そこに内助の功は存在するのか、それとも…?
 ここでは、開発者を夫に持つ奥さまにスポットライトを浴びて頂き、アプリで生計を立てているという夫婦の実像に迫ります。
 アプリでひと山当てたいと思っている独身の方、結婚後の生活は安定しているけどいつかは独立…という方、もちろん世の中の奥さま方にもぜひご覧頂きたい内容です。
 第4回は、『FusionCalc』シリーズでおなじみ、新潟県にお住まいのスタジオルーペさんご夫婦です。

  • 第1回 funapp『リバーシLv99』
  • 第2回 Ninebonz/いたのくまんぼう『江頭ジャマだカメラ』
  • 第3回 hamon『グルコサミン』
  • 第4回 スタジオルーペ『FusionCalc』シリーズ
  • 第5回 RU Apps『SM診断』
  • 第6回 Appliss『CUBIC ROOM』
  • 第7回 Come-Come Cat『王国の道具屋さん』
  • 第8回 Net On Demand Japan『reCalcFree』
  • プロフィール

    ご主人 30代
     神奈川県出身。7歳の頃ハワイへ移住。ハワイの高校卒業後、ハワイ大学へと進学するものの、3年で大学を辞め日本へ渡り、絵本作家・アプリ開発者として活動。2013年妻の退職を機に東京から新潟県津南町へ拠点を移す。

    奥さま 30代
     岩手県出身。高校卒業後、東京の大学へ進学。大学卒業後はテレビ制作会社へ就職し、2013年1月いっぱいで退社。東京から新潟県津南町へ。

    結婚して 1~5年

    代表作 メモれる電卓『FusionCalc』シリーズ ※ダウンロードリンクはページ下部

    FusionCalc2の無料版。広告表示の無い有料版は300円。

    計算機の使い方を大きく変える本アプリ最大の特徴“メモリ機能”。

    実は“引退後”の創作活動が楽しみでなりません

    ご主人のお仕事は何でしょう?
     昨年までフリーランスの開発者一本で頑張ってきましたが、今年からアプリ開発を副業とすることになりました。現状は本業を探している最中です。

    奥さまはどんなお仕事をされていますか? また今後はどうしたいですか?
     今は専業主婦ですが、いずれはまた仕事をしたいと思っています。

    休日は決まっていますか? 家族ではどのように過ごしますか?
     フリーランスなので休日は不定期ですが、娘に合わせてできるだけ土日に休むようにしています。

    ご主人のお仕事の良い点、最も楽しかった思い出は?
     時間や場所に縛られないのは、子育てをする上で魅力的ですね。保育園の送り迎え・行事、買い物、子供の予防接種…など、これらはすべて夫が進んでやってくれます。会社員だったらこんなに子供のことを手伝えないと思うので、このような環境で生活できることは大変助かっています。
     それから、自分のアイデアをカタチにできる仕事というのは恵まれていますよね。とても夢のある仕事です。
     これまでで最も楽しかった思い出は、東京から新潟の秘境と言われる小さな小さな村に引っ越したことでしょうか(笑)。ヘビにサルにカモシカにキツネ…初めはキャーキャー騒いでいたのに次第に慣れ、今は彼らを見ない日は寂しいと思うまでになりました。毎日新鮮で楽しいです。

    ご主人のお仕事の悪い点、最もツラかった思い出は?
     収入が安定しないことですね。努力した分、その対価としての給料がもらえる訳ではなく、むしろ「こんなに頑張ったのに…これだけ!?」ということの方が多くて(笑)。でもつらかったと思うことは不思議とありません。

    ご主人がフリーランスになったのはいつですか?
     結婚前です。

    ご主人にフリーランスを辞めてほしいと思ったことはありますか? またその理由は?
     ありませんが、アプリ開発者を辞めて欲しいと思ったことはあります(笑)。
     夫の場合、アプリ開発者として軌道に乗るまでに時間がかかりました。最初の頃は、月に手取り数百円~数千円という時もザラにあったんです。ですから、毎月家計は火の車。私も働いていたのでどうにか賄えていたものの、会社に着ていく服や化粧品、友人との交際費など、自分に構う余裕は一切なくなりました。当時は20代半ばでしたから、周りの女の子達が着飾って会社に出社する中で、オシャレしたい気持ちを捨てなければならないのは悲しかったですね。
     それでも、夫は「次こそは大丈夫!」と自信満々に言うものですから、信じてついてきたわけです。でも、そんなに簡単に儲からないんですよね。家賃を払える収入もなくて、口には出しませんでしたが(アプリの世界には見切りをつけた方が…)と思ったこともあります(笑)。

    ご主人からお仕事について相談を受けたりすることはありますか?
     相談はよく受けます。最近相談されたことは、昨年の12月、アメリカのテレビ番組で計算機アプリ『FusionCalc2』を取り上げてもらったのですが、その際に数十万円のプロモーション代が必要と言われ、額も額だけにどうするべきか相談されました。とはいっても、普段から仕事内容も含めてオープンな関係なので、改まった場を設けて相談し合うというよりは、普段の会話の中で仕事のこと、子育てのこと…何でもフランクに話すようにしています。

    生活は安定していますか?
     『FusionCalc』という計算機アプリがヒットして、その頃からだいぶ生活は安定するようになりました。とはいえ、決して余裕のある暮らしではないので、これ以上アプリ開発を(本業として)続けていくのは厳しいという結論に至りました。

    ご家庭・ご家族にどのような未来像を描いていますか?
     月並みですが、いつまでも仲良く幸せに暮らしていけたらとそれだけです。その中で夫の仕事が良い方向へ向いてくれたら良いですね。

    ご主人に言いたいことはありますか?
     5年前、“アプリ開発1本で食べていくんだ”という夢を掲げ、いくつもの困難と危機をどうにか乗り越えてここまでやってくることができましたが、残念ながら目標まで到達することができず、今回専業アプリ開発者を引退することになりましたね。でも、私は残念な気持ち以上に、実はこれからの活躍が楽しみで仕方ありません。これまで培った知識や経験は必ず力になるし、きっと良い方向へ進んでいけると前向きに感じています。そして、これからは収入や売り上げといったプレッシャーから解放され、ある意味、自由に創作活動ができるのですから、もしかするとそのようなスタイルが一番合っているかもしれないと思うのです。
     今回“引退”に至ったことも、努力不足ということではなく次のステップに進む為に必要な決断だったと思いますから、まったく心配していません。これからも家族みんなで助け合いながら頑張りましょう。

    インタビューへのご協力ありがとうございました!

     APPREVIEWでは「ご主人に言いたいことがある!」というアプリ開発者の奥さまを募集中!
     こちらのフォームより、「妻の本音」を選択し、「開発者名」「代表的なアプリ名」を入力後、送信してください。

    アプリ基本情報

    FusionCalc2

    メモれる電卓 FusionCalc2

    配信元:Studio Loupe

    iOS価格:無料

    • バージョン iOS:2.0.3

    ※記事内の情報はすべてレビュー時(2014年01月16日)の情報です。

    コメントは受け付けていません。

    PageTopへ