CES-203-14-INNAward_2

CES公式アワードに新登場したウェアラブル製品カテゴリにせまる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2014年1月10日]

1月7日から10日(現地時間)にラスベガスで開催されている世界最大級家電市CES。それぞれの製品の中でも、技術面、デザイン面、機能性などが際立って優れている製品に与えられるのが「CES Innovations Design and Engineering Awards」。開発者からメディア関係者まで、総勢40名以上の審査員によって選ばれます。今年は既存のカテゴリの中に「Wearable Technologies」が追加されました。今回は、ウェアラブルカテゴリの中の受賞製品を一部ピックアップして紹介します。

受賞したウェアラブル製品たち(CES公式ページより引用)

水泳を劇的に変える?「Instabeat」


Instabeatは水中用ゴーグルに装着をするウェアラブル製品。もちろん防水製。タイムを計る機能はもちろん、装着者の心拍数をリアルタイムで教えてくれるなど、プール内で必要な情報を与えてくれる優れもの。USBポートを使って、タイムなどの個人的なデータを送信する仕組みも現在のところ予定しているようです。この製品はウェアラブルカテゴリ製品として受賞するだけではなく、「CES Innovations Design and Engineering Awards」の中でカテゴリに関係なくよりハイレベルな製品に与えられる「Best of Innovations」にも選ばれています。数々のウェアラブル製品がすでに出ている中で、ここまで水中に特化した製品は今までなかったのではないでしょうか。

ついに出た!子供用ウェアラブル製品「FiLIP」


本当に子供に持たせるべきものは、スマホではなかった―――?FiLIPは時計型なので身につけやすく、子供が本体を失くす心配はありません。GPS機能、ショートメッセージ、電話機能など基本的かつ子供にとって必要な機能を搭載。ボタンは2つだけで操作は簡単、カラーバリエーションも豊富で子供が好きそうな色がそろっています。最近は子供にもしものことがあったときのためにスマホを持たせる親が増えてきました。しかし、インターネットに接続できることで新たな危険が生じたり、もしくはスマホそのものを失くしてしまう子もいたりと、子供に携帯電話を持たせることに何かとためらいを感じてしまう…。そんな親のためにできたウェアラブル製品とも言えます。

 


 

このほかにも先日APPREVIEWで紹介した紫外線対策ブレスレットやあまり評判のよくないSamsung Galaxy Gearも受賞していました。

スマートブレスレット『June』

スマートウォッチ『Galaxy Gear』

受賞した製品を見ていると、「あったら便利だろうな」というアイディアが実体化したもの、という印象を受けるものが多いです。歯ブラシがインターネットにつながったり、少しずつ生活シーンの中にデジタルなものが入り込んできているのを感じますね。

 

参考:
CES公式ページ
Instabeat
FiLIP

コメントは受け付けていません。

PageTopへ