C789_enpitutonote500

執筆業って儲かるの?WEBメディアのライター募集要項をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年12月26日]

 私たちAPPREVIEWはメディアですので原稿が必要です。原稿を製作するにはお金がかかります。原稿を外部のライターさんにお願いする際はもちろん、自らが執筆する際もその金額を常に意識しなければなりません。
 今回は、他社がどんな金額感でお仕事をされているのかも気になりましたので、WEBメディアを中心にライター募集要項を調査してみました。
 …が、勢い込んで調べはじめてみたところ、とにかく募集段階で金額を公開しているメディアが少なすぎる!「スキルに応じて」とか「面接時に」みたいな表記では、応募する側は検討しづらいと思うんですけどねぇ。
 というわけで、良心的なメディアさんの情報を参照しまして、執筆業の現実に迫ってみましょう。

原稿料の相場

 業界大手のスマホ情報サイトでは、日給や月給という待遇(業務委託や社内外注でしょうか)もありましたが、原稿料での比較ができませんので、ここでは割愛いたします。
 このほか、ガジェット系の有名サイトでは、ライター募集はしているものの、要項の中に具体的な金額の表示はありませんでした。やはりここにご紹介するサイトのように、募集の段階で金額をわかるようにしておくほうが親切だと言えます。

■iPhone・iPadアプリのレビューサイト『Applision』
300円/800字 1文字あたり0.38円

■iPhoneの無料アプリ情報やニュースを配信中『アップス!』
2,500円/1記事※ 1文字あたり1.7円~5円
500~1,500文字ほど、PVボーナス有り

■「わたし自身のものさし」を見つける、くらすことウェブマガジン『くらすこと』
2,000円/800字 1文字あたり2.5円

■メガネスタイルマガジン『OMG PRESS』
500円~3,000円/1記事※ 1文字あたり0.3円~1.2円
※1,500~2,500文字ほど

■APPREVIEW
2,000円/1,000字 1文字あたり2円(良くもないけど悪くもない?)
資格をお持ちであったり、専門的な記事は都度ご相談。現在は募集しておりません。

■クラウドソーシング
200円/800字 1文字あたり0.25円
100円/500字 1文字あたり0.2円
50円/300字 1文字あたり0.17円
 大手クラウドソーシング※のサイトも覗いてみました。“ライター”で検索すると、このような条件が並びます。報酬は低いものの、時間に縛られることがないので、専業主婦はもちろんサラリーマンでも気軽に参加することができます。
 記事数にモノを言わせる体力勝負が可能ならば、こういった選択肢もありかも…。
※crowd(群衆)sourcing(業務委託)が示すとおり、インターネットを活用して仕事のマッチングを行なうサービスのこと。

専門知識の有無が運命を分ける

 現在は、パソコンの操作とネット検索さえできれば、一定レベルの原稿を書くことができてしまいます。そのため、副業的にライターを始める人も多く、それだけ同業者が増えるということは、価格競争も激しくなるわけで、よほど専門的な知識が無ければ、WEBメディアへの寄稿で高額な原稿料を確保するのは難しいでしょう。
 ちなみに、紙媒体の原稿料にも触れておきますと、なかなかまとまった情報は見当たりませんが、日本著者販促センター「出版業界の豆知識」にて、4,000円~/400字1文字あたり10円!)と紹介されています。出版不況と言われて久しいですが、それでも紙メディアの原稿料はWEBメディアに比べると高額のようです。無料であることが前提で収入を広告に頼るWEBメディアに対して、流通の仕組みが整った有料の紙媒体は売上の予測も立てやすく思い切った経費設定ができることも一因かもしれません。

 執筆業だけで食べていくには、まずは専門的な知識を持っていることとそれを文章で表現できることが必須です。また、せっかくの知識も安売りしてしまっては元も子もありませんので、ライター仲間を作るなど横のつながりも重要です。そして何よりも、紙媒体への寄稿を第一に検討するべきです。紙媒体で実績があれば、WEBメディアでの活動もしやすくなるのは間違いありません。

▼参考リンク

  • Applisionのライター募集!
  • 【ノマド歓迎】ライターさんを絶賛募集中です(アップス!)
  • “くらすこと”ウェブマガジン 外注ライター募集
  • ファッション好き、ドラマ好きも歓迎!OMG Pressで記事を書きたいライターを募集!
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • 日本著者販促センター「出版業界の豆知識」
  • ▼関連記事

  • 日本のウェブメディアを担う4人の男たちのこれから…
  • 編集部は“テープ起こし”から解放されるのか?クラウド型音声認識を採用した『VoXT』を試す
  • 編集部は“テープ起こし”から解放されそうな気配…クラウド型音声認識の正しい使い方
  • コメントは受け付けていません。

    PageTopへ