robot

Googleが“Androidの父”によるロボット事業を本格化か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年12月05日]

Android OSの生みの親であるAndy Rubin氏は今後、ロボットに関わるプロジェクトを担当するようです。

Andy Rubin氏 (画像:NYTimes)

米NYTimesによると、Googleはこの半年間に、次世代のロボット開発に向けて、7社のテクノロジー企業を買収してきました。ロボット工学の目標は現在、消費者向けではなく、手動で行なっている電子機器の組み立て作業など、製造分野での活用が期待されていますが、一方で、小売を行なうAmazonのような企業と競合するという見方も明らかにされました。

専門家らが予想するロボット工学の利用は、工場から実際に製品を出荷し、消費者の玄関先まで配送する企業へのサプライチェーンを自動化することです。Googleが展開している商品検索を手助けする「Googleショッピング」は最近、都市部への配送を実験しており、これらの自動化に取り組む可能性があるようです。

▼関連記事:
配送はドローンに任せて!アマゾンが配送システム『Prime Air』を実験中

▼参考記事:
Google Puts Money on Robots, Using the Man Behind Android

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ