shinobi

盗撮アプリのその後を追う!忍者カメラが忍カメラと名を変えて配信中?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年11月11日]

11月8日、駅で女性のスカート内を盗撮しようとした大阪法務局の男性法務事務官が大阪府迷惑防止条例違反容疑で現行犯逮捕されました。同局訟務部はこの事務官を停職2カ月の懲戒処分としました。事務官は同局に対し、

シャッター音を消す無料アプリを見つけ、『簡単に盗撮できるのでは』と考え、9月ぐらいから続けていた。反省している

と話していたとのこと。
シャッター音を消す無料アプリ・・・いくつかありますが、その中でもかなり悪質なカメラアプリをAPPREVIEWでも紹介しています。
この忍者カメラを紹介してから月日が経ちました。一向にこのような事件は無くなりません。一体どうなってんの無音カメラ界隈・・・ということで調べてみました。

例の問題アプリの軌跡

無音カメラは無数にあふれていますが、その中で忍者カメラよりも犯罪に直結しそうなアプリを見つけることはできませんでした。そこでこの忍者カメラについて調べてみることに。現在は名称を「忍カメラ」と変更し、3代目としてApp Storeに出ています。


1代目
名称:忍者カメラ
開発元:Irvine Arden
リリース日:2013年2月18日


2代目
名称:忍者カメラ
開発元:gal yeon-su←New!
リリース日:2013年5月3日


3代目
名称:忍カメラ←New!
開発元:yusuke aizawa←New!
リリース日:2013年9月20日

アイコンは変化せず、名称と開発元が変化しています。説明文は全く変化していないため、恐らくアプリの内容自体は変わっていないでしょう。それぞれリリースされるまでの期間は3~4ヶ月。Apple側が気づくか、もしくはユーザーが通報するなどしてアプリが削除され、再びリリースされるまでの一連の流れのスパンとして捉えていいのでしょうか。

名称と開発元を変えれば審査は通るのか?盗撮用アプリ、App Storeにて2度の審査通過。

何か問題があるとして最初の忍者カメラは削除されたわけですが、その後Appleは一度目の申請を通し、再び忍者カメラはストア上に並ぶことに。Appleがどのような判断をしたのかはわかりませんが、問題点を見つけられなかったために申請を通したのでしょう。結果的にそれは再度削除され、さらにもう一度申請を通しています。合計2度審査を通していることになります。
そして現在も3代目忍者カメラはストア上に。ストア側で何か方針が変わらない場合、同じような流れでいけば、年内には現在ストアに存在する3代目は削除され、春前あたりに4代目が出てきそうです。
ある程度の期間をおき、名称及び開発元の変更をすればこのようなグレーなアプリが通ってしまうという事実が、ストア内における微妙な抜け道を表しているともいえるでしょう。

無音カメラが当たり前すぎて感覚が鈍くなっている?

ストア側の管理体制も危惧したくなりますが、スマホユーザーの意識の変化にも一抹の不安を覚えます。上述したとおり、無音カメラの普及によって「盗撮」に対するハードルが低下してきています。内輪での冗談と犯罪との境界線があいまいに。
ためしにTwitterで検索すると

盗撮成功したぞ!爆爆爆爆
無音カメラ連写してたら真正面とれてたわw

完全に内輪ノリとも言えるツイート。

最近は無音カメラでjkの太もも盗撮するのにハマってる

潔くこのようなツイートをする人も。

もちろん「本気」でスカートの中などを「盗撮」している人はTwitterなんて投稿しないはずですが、「冗談」のつもりで電車で前の席に座っている人を盗撮して、「太りすぎわろた」なんていうコメントとともに写真をTwitterに投稿し、炎上するケースはザラにあります。投稿者本人は冗談のつもりでも名誉毀損や肖像権侵害として犯罪になりえます。

要するに盗撮に対して感覚が鈍くなっていないか、ということです。冒頭ニュース部分に戻りますが、この男性法務事務官も「『簡単に盗撮できるのでは』と考え」たようですが、いやいや、結局はバレますから!簡単じゃないですから!

目撃体験談募集!

街中を歩いてて、エスカレーターを使っていて、電車に乗っていて、スマホを不自然な角度に向けている人がいた…
APPREVIEWでは、盗撮にまつわる体験談を募集しています。
もしかするとスマホで盗撮されたかもしれない、怪しくスマホをいじっている人を見たという瞬間があれば@_APPREVIEW_へのリプライでこっそり教えてください。
あなたの目撃体験が記事になります。
たくさんの体験談、お待ちしています!

参考:
忍者カメラ
忍者カメラ
忍カメラ

コメントは受け付けていません。

PageTopへ