adfurikun

スマートフォン向けSSP『アドフリくん』、iOS版SDKアップデートでiOS 7 64-bitに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年10月01日]


2013年9月26日、スマートフォン向けSSP『アドフリくん』のiOS版SDKがiOS 7 64-bitに対応しました。同時にインタースティシャル広告(全画面型広告)の表示にも対応しています。

新機能の詳細や実装マニュアルにつきましては以下のリンクをご参照ください。
iOS版SDKアップデートv2.0(インタースティシャル広告)

iAdの64bit版の表示が不安定?

iOS/Androidアプリ『俺の校長』のナカニシ氏のTwitterアカウントにて、iAdのiPhone5sでの表示が不安定であるとの報告がありました。

『俺の校長』 iOS版 / Android版

iAdはAppleが運営するモバイル向けのアドネットワークです。iOSでの表示については「本家本元」と言ってもいいポジションですが、表示されないという報告があったことで、開発者の間には不安が広がっています。

セクシーミラーのTakashi OTSUKA氏によるまとめはこのようになっています。

SSP自作に向かう開発者も

セクシーミラーのTakashi OTSUKA氏や、マヂヤミ彼女のbeArk氏はSSPの自作を検討しているようです。一つのアプリに各ADネットワークのSDKを導入する場合、全てのADネットワークのSDKが64bit対応のアップデートをするのを待たねばならないためかなりの手間となります。そして外部のSSPを利用しようにも、使っているSSPのアップデートが遅い場合は待たなくてはなりません。SSPを自作して、プラットフォームの変化に自力で対処できる状況に持っていこうと考える開発者が現れてもおかしくありません。

アドフリくんは開発者様の手間を軽減するため1SDK方式を採用し、早期アップデートを行っていきます。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ