line

【高校生の実態】Z会がSNS利用を調査…高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年9月12日]

通信教育大手のZ会が、全国の高校生4,657名を対象に、SNSの利用実態を調査しました。

結果はLINEが圧倒的で、高校生の67.2%が利用していることがわかりました。SNSを利用しない高校生が16.4%居ることを考えると、SNSをやる高校生の約8割がLINEを利用していることになります。

高校生が利用しているSNS


学年別に見ていくと、学年が低いほどLINEの利用率が高いことがわかります。TwitterはLINEとは逆で、学年が上がるほど利用率が高いです。この短い期間の間に、高校生のメインの交流場所がTwitterからLINEにシフトしている可能性があります。Twitterのようなオープンな場だと炎上のリスクがあるので、クローズドな場であるLINEに籠るのは、ある意味安全かもしれません。

高校生のスマートフォン所有率


スマートフォン所有率を学年別に見ると、高校3年生58.7%、高校1年生の72.3%と結構な差が開いており、この3年間でも急速にスマートフォンの普及が進んだことが伺えます。また、スマートフォン所有率とLINEの利用率がどの学年でもほぼ同じなことにも注目です。スマートフォンを持ったらLINEを入れることが常識になっている…あるいは、友達とLINEをするためにスマートフォンを欲しがる中高生が増えているのかもしれません。

▼参考記事
【SNS利用調査】高校生の67.2%がLINE、23.2%がTwitterを利用。スマートフォン所有率は69.5%。

コメントは受け付けていません。

タグ:
PageTopへ