2013-09-11_13h20_30

絶好調のその裏で…ヘビーユーザーに広がる「パズドラ離れ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年9月11日]

『パズル&ドラゴンズ』、略して『パズドラ』。
先日、日本国内で1800万ダウンロード、全世界で2000万ダウンロードを達成し、また、新たなやりこみ要素として期待される「覚醒」について次々と情報が更新されています。

そんな絶好調の『パズドラ』ですが、その裏でヘビーユーザーを中心とした「パズドラ離れ」が起きていることを皆さんはご存知でしょうか?
つい先日、Youtube上でパズドラ動画を上げていた某有名プレイヤーがパズドラの引退を表明しました。なぜ長時間(そして場合によってはお金も)費やして愛し続けた『パズドラ』を、引退することにしたのか。その謎を徹底追求してみました。

▼関連記事
「パズドラ」の先にあるもの…ユーザーはゲームに何を求めているのか?
【パズ充の実態】ヒットの理由はここにある!

「パズドラ離れ」とは

「引退」者のモンスターBOX例(パズドラまとめプラス)

「パズドラ離れ」とはその名の通り、「パズドラから離れる」ことを指します。
具体的にはログインしなくなることを指します。

「パズドラ離れ」は、アプリ自体は消さないことが多いですが、個人によって形は異なります。極端な場合、「パズドラをアンインストールし、完全消去」したり、「手持ちのモンスターを弱いモンスターだけにする」など、自分がパズドラを続けることが出来ない状態にして「引退」をすることもあります。

「パズドラ離れ」が起きる理由

このように、長時間かけてまで集め、強くしたモンスター達。
そこまでして愛した「パズドラ」からなぜ離れていくのでしょうか。

理由1:つまらなくなった、飽きた
「つまらない、飽きた」というのは、長時間プレイしていたヘビーユーザーだからこそ漏れ出る感想でしょう。
パズドラは、従来のソーシャルゲームの大定番であったカードバトルではなく、操作が簡単なパズルと日本人が好むRPGを組み合わせたゲーム性の高い新しいソーシャルゲームとして誕生しました。簡単でありつつも高いゲーム性は、ユーザーを飽きさせない、とパズドラをヒットさせた大きな要因として高く評価されています。
しかし、ヘビーユーザーにとってはこの単純さ、簡単な操作が「作業ゲーム」に感じたようです。

が、単調である故に、飽きやすい方には向かない。
単純。同じ事の繰り返し。
新キャラ、強キャラを手に入れ育て、+を振りスキルをMAXにしたら、降臨をノーコンクリアし、終了。
その後もキャラを育て、スキルを上げ、+を積み、ノーコンを目指す。
単調すぎて、今パズドラは間違えなく限界。

またこのプレイヤーは、「つまらなくなった」もう1つの理由を挙げていました。

MMOなどのゲームが長く成功する理由は、
『ユーザー同士で楽しめるから』だと思われる。
(中略)
パズドラでも多くの出会いがあり、オフを通して飲んだり、LINEで会話したり。
そこまでなんですね。
一緒にゲームやってないので、ゲーム自体は飽きやすいのです。

パズドラの大きな特徴である「個人のペースで遊べる」という点。
他人と競うことや相手とトレードをすることが無い点は、ダウンロード数増加に大きく貢献しました。しかし、長く続けるとなると、「誰かと一緒に遊んでいる」という実感が欲しくなるようですね。

理由2:他のソーシャルゲームに移行した
最近話題になっている「艦隊これくしょん -艦これ-」や、今後発売される「モンスターハンター4」など魅力的なゲームが多く出てきています。こうした新しいゲームに、「パズドラ」よりも多くの時間をかけたい、遊びたいというユーザーが増加しているようです。

理由3:新実装内容への不満
パズドラを盛り上げようと、続々と新しいモンスターやダンジョンなどが更新されていますが、
この新実装内容が最近「期待ハズレ」との声が多数上がっています。
先日、新しく実装されたダンジョン「アテナ降臨」では、新しいモンスターであるアテナのステータスが「期待ハズレ」として大きな話題になりました。
「期待ハズレ」とは、ヘビーユーザーにとって新しいダンジョンの難易度が低かったり、新しいダンジョンで獲った新モンスターが弱いなどが挙げられます。
このように新しい情報やデータが更新されても、ヘビーユーザーにとって「期待ハズレ」なものが多く、パズドラの引退を考えるきっかけになっているようです。

パズドラの今後。二兎を追うのかそれとも…

最近ガンホーは、新規ユーザーとヘビーユーザーの両立に苦しんでいるように感じます。
ヘビーユーザーの「パズドラ離れ」を阻止するためには、より高度な新しいダンジョンの実装が求められます。しかし、ゲームの難易度を高めれば高める程、新規ユーザーが混乱し、ゲームを始めにくくなってしまいます。
ここで初心者ユーザーを優先し、ヘビーユーザーの飽きについては「ユーザーの新陳代謝」と諦める考えもあるでしょうが、理想は両立です。ヘビーユーザーを飽きさせないようにしつつ、新規ユーザーが遊んでくれるような内容を考える…このバランスの難しさは、新実装内容にも大きく影響しているように思います。

今後ver.6.0では、新しいやりこみ要素として「能力覚醒システム」が実装されます。
この「能力覚醒システム」が、プレイヤーを惹きつけられものかどうかが今後のパズドラを大きく左右すると思われます。
APPREVIEWでは10月より、ヘビーユーザーが初心者ユーザーにパズドラの遊び方を指南する連載企画を開始する予定です。二種類のユーザーを楽しませ続けられるかという正念場を迎えたパズドラですが、今後の動きに引き続き注目です。

■関連記事
パズドラ伝道師 ガイモンのパズ充の実態

コメントは受け付けていません。

PageTopへ