gaimon

【パズ充の実態:第4回】「ガチ勢」の世界って?やり込みトップクラスたちの壮絶なパズドラライフ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年9月03日]

Twitterのフォロワー3万人、パズドラ感謝祭にもゲスト出演したというパズドラ界の有名人ガイモン氏に、パズドラファンコミュニティの実態を語ってもらう連載企画【パズ充の実態】。
最終回となる今回は、パズドラのやり込みが本気な「ガチ勢」について語って頂きます!


こんにちは。
ガイモン(@gaimoooon)です。

さて、ついに第4回目がやってきてしまいました!
パズ充にスポットを当てた連載は今回がラストになります。

と順に書かせていただき、パズ充がパズ充たる最大の要因として「SNSの活用」というものをポイントに挙げ、ブレイクダウンしてきました。

しかし!そこまでパズドラが浸透した根本的な要因を忘れたわけではありません。
パズドラが面白いからこそSNSが活用され、ここまでの規模にまで成長したことは揺るぎないものでしょう。

そこで、この連載の最後はパズドラの楽しみ方といったら大げさですが、まだ始めていない人や、行き詰まって楽しめなくなってしまっている人に向けて、どんな楽しみ方があるのかをかいつまんでご紹介いたします。

第1回第3回でも触れたのですが、パズドラはいくつかのやり込み方が存在します。
それぞれに別の楽しみ方があり、ここだけは注力したい!という物が見つかれば、より一層パズドラを楽しむことができると思います。

そこで出てくるのが前回連載時に「○○勢」としてご紹介させていただいた“勢”というワードです。
パズドラーの中でもさらに自分が特化しているものを象徴するもので、勢という言葉が表す通り連帯感を生むくくりとなります。
「ガチ勢」という呼び方があります。今回のお話で何度か出てくると思うので先に紹介しておきますね。かなりの時間や労力をかけてパズドラを楽しんでいる方をそう呼びます。
やり込んでいる方を総称するので単体で「ガチ勢」とも呼ばれますが、「○○ガチ勢」というように特定のワードとひもづく事もあります。
主観ですが、ガチ勢ほど自らがガチ勢であることを否定するように思います(笑)

では具体的にどんな楽しみ方があるか=どんなやり込み方があるのでしょうか。

コンプ勢

これはもう私が幾度となく使っているワードです。
パズドラ図鑑では、まだ見た事がないモンスターには「?」と表示されます。見た事はあるけど一度も獲得したことがないモンスターは薄く表示されます。この図鑑を全て埋めることを目標にしているのがコンプ勢です。

現在登場している図鑑の番号はNo.796(8月27日現在)。実に800種ものモンスターが存在しているのです。

うち数種はまだゲーム内でも登場しておらず、世の中に持っている人がいないモンスターもいますが、それでもこれまでのゲームではありえないほどハイスピードにモンスターが増えているのがこのゲームの特徴です。

入手難度が高いモンスターも当然おり、これらを揃えることは非常に困難です。
さらに、どんどん追加されるので終わりがない……。
それでも出てきたモンスターは必ずゲットして図鑑を埋めて行くことに注力するのは、パズドラの楽しみ方の一つであると思います。
※ガチャ限定モンスターも多く、あくまで自身の遊びの範囲内で目指すものです

私は現時点で出現しているモンスターは全て図鑑を埋められているのでコンプ勢を名乗っています。
知る限りで、現在図鑑を全て埋めている方は世に10~50人程度しか存在していないようです。表に出てこない方もいるのであくまで体感ですけど(笑)
1800万人のうちたった数十人。それくらい大変なんです……。

ランクガチ勢

パズドラのやり込みの一つの指標である「ランク」。どれだけのダンジョンをクリアしたかによってきます。

ランクを上げるとスタミナが増えたり、フレンドを増やせたりといくつかのメリットがあります。しかしそのメリットを得るためというよりも、ランクをいかに上げるかに注力するという楽しみ方がこのランクガチ勢です。

ランクを上げて行くために経験値効率の良いダンジョンをより効率の良いパーティで如何に早くクリアしていくか。これが求められます。

時に数十時間連続でプレイする人もおり、かなりの忍耐力/精神力が試されることでしょう。私が知っている中では100日以内にランク400を達成した方がいらっしゃいます。信じられないくらい早いです(笑)私は1年3ヶ月でランク495なのでどれだけ早いかはわかっていただけるでしょうか。

現在のランクトップは800を超えているそうです。すごい!

ランクが100上がる毎に必要な経験値はそれまで獲得した経験値とほぼ一緒であると言われております。
例:ランク200に必要な経験値が1000万弱。
  ランク300に必要な経験値が2000万強。
つまり、100上げて300にするためにはもう一度200ランクになるのと同等なのです。
果てしない……。

プラスガチ勢

パズドラは基本的にモンスターのステータスが決まっており、最大レベル時のステータスがそのモンスターの最大値となります。
しかし、プラスという要素はHP/攻撃/回復それぞれのステータスの最大値を上げることができる要素です。
一体のモンスターにそれぞれ+99まで付ける事ができます。全てに99を付けた状態で+297となるのでよく297(ニーキューナナ)と呼ばれます。
レベルを最大にした時のステータス以上の強さにすることができるため、モンスター強化で最も重要といってもいいでしょう。

プラスはダンジョンやガチャでドロップする卵に「稀に」付与されているものです。これを集めることも尋常ではありません。一つのプラスを得るために何度もダンジョンに入らなければならないのです。

たまにイベントでプラスが落ちやすいようなものもありますが、そんな時は24時間ぶっ続けで回す方もいらっしゃるほどです。いかにプラスを多く集めるかに注力することは一つのやり込みの要素となっています。

現在一番持っている方で1万数千。これもまた尋常ではない数なのです!

スキル上げ勢

モンスターを強化するには前述のプラスだけではなくスキルレベルという要素があります。
スキルレベルが上がる=スキルを使用できるタイミングが早くなるので有利に進めることができるのです。

スキルのレベルを上げるには同一のモンスター同士を合成させるしかありません。入手困難なモンスターを含め、全てのモンスターのスキルを上げようと努力するのがスキル上げ勢です。しかも、スキルは必ず上がるものではなく1/10程度でしょう(予測値です)

特別レアなモンスターで幻獣と呼ばれるシリーズがいます。一番落ちにくいモンスターだと1/100周くらいのモンスターがいます。運が悪いと800周してやっと1匹なんて方も……。第一回で紹介した「ハゲる」という言葉がぴったりくるくらい大変なことです。

こういったモンスターのスキルを上げるには数百周同じダンジョンに入る事でモンスターを集め、合成するしかないのです。それでもスキルマックスを目指すのが彼らです。

コイン勢

かなりコアなやり込み要素でしょう(笑)
コインは合成をするための原資となるものですが、逆にいうとそこしか利用用途がないものでもあります。
それでもコインをひたすら集めることに注力されていらっしゃる方もいるのです。

コインはモンスターの売却かダンジョンクリアの報酬として獲得することができるものなのでこれまたひたすらダンジョンをクリアし続けるしか方法がありません。

私が知る限りで最大のコインを持っている方は5億コインを裕に超えています。

ざっとメインどころのやり込み要素を上げてみました。
それぞれトップクラスになるためには尋常ではない時間と労力が必要なものです。

当然私が挙げた楽しみ方だけではなく、それ以外にも色々な楽しみ方はあると思います。
しかし目標があることは、パズドラを長く楽しむ上でとても大事な事なのです。

あくまで「自身の楽しめる範囲で」楽しむものなので、無理せず自分の楽しみ方を見つけてもらえれば、パズドラライフはより充実したものとなるのではないでしょうか。

総括

4回の連載の機会をいただき、本当に光栄でした。
私自身はただのパズドラが大好きな一介のユーザーにすぎません。しかしパズドラの楽しさや楽しみ方を少しでも多くの方にお伝えできればと思い、この連載の話を受けさせていただきました。

パズドラ自体を楽しむ事。
SNSを通して横のつながりを楽しむ事。
そのどちらもパズ充だと思います。
パズドラを通した輪がこれをきっかけに更に大きなものになって欲しいと願いつつ、この連載を終えます。

パズドラの中やSNS上で皆さんとお話できることを楽しみに、これからも長くパズドラーでいたいと思います。
それでは皆さん、パズ充として素敵なパズドラライフを!!
またの機会にお会いしましょう。

コメントは受け付けていません。

PageTopへ