gaimon

【パズ充の実態:第3回】パズドラのオフ会ってどうなの?ガイモンが語るパズドラーのリアル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月27日]

Twitterのフォロワー3万人、パズドラ感謝祭にもゲスト出演したというパズドラ界の有名人「ガイモン」氏に、パズドラファンコミュニティの実態を語ってもらう連載企画【パズ充の実態】。第3回となる今回は、気になるパズドラのオフ会について語って頂きます!

【パズ充の実態:第1回】ヒットの理由はここにある!パズドラ伝道師ガイモンのパズドラ論
【パズ充の実態:第2回】パズドラ仲間はこう作る!ガイモン流Twitter活用術を大公開

連載第三回目がやってきました!ガイモン(@gaimoooon)です。
前回、Twitterを活用したパズ充になるための方法を書かせていただきました。
でも実際にパズ充を目指したところでメリットもわからないし、ならなくてもいいじゃないかと思っている方も居るかもしれません。そんなあなたに、オフ会について具体的にご紹介しちゃおうと思います。

パズドラというゲームの楽しさ以外の新しい発見があるかもしれませんよ!!

どうやって仲良くなるのか?


前回のお話の中で「パズドラにはつぶやくことがいくらでもある」という内容を書かせていただきました。イメージできていない方も多かったのではないでしょうか。いくつか例をあげてみます。

※パズドラ画面の画像=スクリーンショット=SSと略されます

  • あのダンジョンを攻略! : 初めて攻略したダンジョンは嬉しいもの。クリア画面をSS付きで!
  • 欲しかったあのモンスターをゲット! : 欲しかったモンスターをゲットした時、その喜びを共有したいですよね。
  • ダンジョンの攻略方法 : 「こうやればダンジョンを攻略できた!」という情報を他のユーザーに共有します。参考にしていただくこともあればさらに良いパーティを一緒に考え直したりすることも。また、逆にできる限り弱いパーティで攻略するなんていう楽しみ方も(笑)
  • 目標達成! : レベルを最大にしたりスキルレベルを最大にしたりすることを次の目標に据える事もあります。達成したことをツイート!特にスキルレベルは同じダンジョンを数百周しなければならないこともあり、喜びもひとしおです。
  • ログイン日数 : パズドラは長期にわたり遊ぶ方も多く、「今何日目」というツイートもよく見かけます。最長で500日を超えるログイン数を誇る方がいらっしゃいます。
  • フレンド募集 : 自分がよく使うリーダーと合うリーダーを使う方を募集することでゲームを円滑に進める事ができます。Twitterの拡散力を利用して新しいフレンドを見つける事も。
  • あのフレンドとTwitterでつながりたい : 昔からのフレンドが実はTwitterをやっていたりすることが多々あります。探してみたら意外と見つかるものです。
  • パズルの組み方 : ランダムで落ちてくるドロップを如何に効率的に組むか。しばしばTwitter上でパズルの組み方の議論が行われます。

他にも色々ありますが、一部を抜粋してもパズドラだけで色々な話題があります。
パズドラの楽しみ方は一つではなく、人によって様々な楽しみ方があります。
私は図鑑のコンプを目指すことを一番優先してプレイしています。その楽しみ方はパズドラコミュニティ内で「コンプ勢」と呼ばれています。それ以外にも「○○勢」には色々な種類があるのですが、長くなるのでまた次の機会に。

他の趣味や、私生活の話題も


パズドラの話題だけではなく、Twitterの特性上「今何をしているか」が話題になることもたくさんあります。TVの話や好きな芸能人の話。食欲をそそる食べ物の写真をつぶやいてフォロワーにダメージを与える“飯テロ”なんていうものもあります(笑) こうした個人的な内容のつぶやきを重ねることで、お互いに親近感が増していきます。

私の個人的な話をさせていただくと、パズドラの他にダーツという趣味があり、こちらでもかなり多くの時間を費やしています。パズドラーの中には結構ダーツァーもいるもので、たまにダーツの話題をつぶやくと話に乗ってくれる方もいます。実は、そういう方と実際に会って一緒にダーツをした事もあるんです。プチオフ会ですね!

オンラインで仲良くなったら、ついにオフ会!


Twitterで頻繁にやり取りをしていると、実際に会って話をしてみたくなるものです。
私の印象では、パズドラは特に頻繁にオフ会が開催されているようです。大小合わせると毎週のようにどこかでオフ会が開催されています。

オフ会の参加は少し勇気がいるかもしれません。
でも同じ趣味を持つ者同士、話は弾みます!
恐れず是非参加していただきたい。新しい出会いは世界を広げてくれます。

私自身、これまでに関東・関西で数人のオフ会から100人を超す大規模オフ会などに参加してきました。Twitterで話している方にもたくさん会ってきました。いずれも参加してよかったと思える会だったと思っています。

パズドラオフでみんな何してるの?


私は公表している通り20代なので、お酒が飲める歳です。なので、居酒屋などで行うオフ会がほとんどです。つまり飲み会ですね(笑)
大規模なオフ会は稀ですが、特に仲良くなったメンバーでは毎週のように集まっていたりします。

話題はやはりパズドラが中心になります。Twitterでの話題をさらに深く掘ってみたり、趣味の話に興じたり。Twitterの延長というところでしょうか。

携帯を片手にパズドラをしながら話す、なんてこともよくあります。
特にイベントが絡むと大変です。その日に成したい事があったりすると、オフの最中にも関わらずかなり真剣にパズドラをしてしまうことも(笑)
そんな時はこっそり端の席に座って黙々とパズドラをやったりします。ただ、そういう時は大体皆揃ってパズドラしてるんですけどね(笑)

お話だけではなく、たまにゲーム的に遊ぶこともあります。特定のダンジョンをそれぞれの好きなパーティでタイムアタックをしたりするのです。これは結構盛り上がります!

あとはガチャ。オフ会になるとイベントでなくともなぜか皆でガチャを引いたりします。なんだかんだでガチャ好きな人が多いんです。
その場で超レアキャラを引く事ができたらそれはもう大盛り上がりです!YouTubeやニコ生などでもガチャの動画は人気がありますし、皆でやるとまた楽しいんです。

また、面白いのがオフ会のノリに地域の差があることです。

  • 関東 : パズドラをしながらダラダラ話す
  • 関西 : 端末は触らない。トークで勝負!

どちらも別の楽しさがあるのですが、大阪のオフに初参加した時はびっくりしました(笑)
いつか東北や四国、九州などのオフ会にも参加してみたいものです。

パズドラだからこそ生み出せる様々な出会い


Twitterやオフ会を通して思う事があります。
1800万DLを突破したパズドラ。社会現象にまでなったと言っても良いでしょう。それだけ多くの人が遊んでいると、様々な職種の方がいらっしゃいます。

自分とはまったく別の職業の方とお話ができたり仲良くなれることは、視野が広がる事につながり、より豊かな感性を磨く事ができると思っています。
例えば、学生時代に社会人として一線で活躍する人とお話する機会はそうあるものではありません。これだけ幅広い年代の人が遊んでいるパズドラだからこそ、その機会があるのです。

私が初めてオフ会に参加したのは昨年の12月でした。
それまではパズドラに限らず、オフ会に参加したこともありませんでした。
でも今はそれがきっかけで一緒に仕事をさせていただいている方がいたり、学生の進路相談を受けたりすることもあります。私自身、新しい発想を得ることもあります。
パズドラがきっかけで生まれる新しい出会いこそが、私の言いたかった非常に大きなメリットなのです。


次はとうとう【パズ充の実態】シリーズの最終回。
更新は9月3日(火)を予定しています。お楽しみに!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ