eye

LINEカンファレンス2013に行ってきた!LINE勢いありすぎ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月22日]


2013年8月21日、LINEがビジネスカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2013」を開催しました。
場所はなんと舞浜!TDRに向かうリア充たちを尻目に取材に行ってきましたよ。


会場KAKKEEEEEEEEEEEE!!!!!
さすが2012年9月にオープンしたばかりの舞浜アンフィシアター


ビジネスカンファレンスなので参加者は基本的にLINEと取引のある「LINEパートナー」ですが、昨年と違って今年からは一般ユーザーの参加も解禁。抽選に当たった100組200人の一般ユーザーが参加していました。
プレス席には複数の局のテレビカメラも入っていました。目の前で見てきたものが、21日当日夜、テレビで放送されていたので感慨深かったです…。LINEはITの分野に限らず、マスメディアにとっても注目度の高いものに成長しましたね。

濃かった発表内容


発表にはLINEキャラクターたちの3Dアニメーションや音楽がふんだんに使われ、常に視聴者を飽きさせないつくりになっていました。肝心の内容も衝撃的な数字が多く、充実していました。


LINE株式会社 代表取締役 森川亮 氏
森川氏からは、LINEユーザーが全世界で2億3千万ユーザーを突破したことや、海外ユーザー比率が8割に及んでいることなどが発表されました。昨年夏のカンファレンスでは全世界4500万、国内2000万との発表だったので、海外で爆発的に伸びていることがわかります。台湾、スペイン、インドネシアで特に広がりを見せており、現在はロシアでもCMを開始しているとのこと。


LINE株式会社 取締役 出澤剛 氏
出澤氏の発表は、O2O(Online to Offline)の話が中心。企業向け公式アカウントサービス「LINE@」導入でファッションブランドLIP SERVICEの売上が50%上昇した話、桃の天然水にLINEスタンプがもらえるシリアルコードをつけた結果、16%のシリアルコードが実際に使われてスタンプがダウンロードされたという話。そして2013年9月3日、スタンプのおまけつきのLINEコラボポッキーが発売されるという発表がありました。


LINE株式会社 執行役員 舛田淳 氏
舛田氏からは、現在のスタンプの月間売上は10億円以上という衝撃的な数字の発表がありました(昨年夏の発表では3億)。スタンプ等を除いたキャラクターグッズ販売(文房具やぬいぐるみ等)でも累計40億円の売上があり、今後も強化するそうです。
また、ツールからプラットフォームを目指す戦略は2012年の発表と変わらず続行し、LINEゲーム・LINEマンガなどの課金コンテンツを強化。また、LINEのタイムライン機能を強化し、クローズドなSNSとしてユーザーを囲い込む方針も見えました。

そして最後に、舛田氏より立て続けに新サービスの発表がありました。
LINE Web Store : LINE提供のオンラインコンテンツを購入できるオンラインショップ。iTunes Cardのようなプリペイドカード式の決済方法に対応し、新興国などクレジットカードを持たないユーザーの購入需要に対応。プリペイドカードは9月30日より発売開始
LINE Video Calls : ビデオ通話機能。2013年秋リリース予定
LINE Music : 購入した音楽をLINE友達と一緒に聴ける音楽配信サービス。2013年内リリース予定
LINE MALL : 誰もが出品&購入出来るオンラインショッピングモール。2013年秋リリース予定
詳細はまだ明らかになっていませんが、楽しみですね。


出澤氏による、SoftBankとマクドナルドからゲストを招いた、LINE@(企業向け有料アカウント)を使ったマーケティングについてのディスカッションも行われました。

一般ユーザーも楽しめる


ビジネスカンファレンスとは言えど、一般ユーザーも100組招待されていたので楽しめる仕掛けがたくさん!LINEキャラクターとの写真撮影コーナーには常に人が居ました!

 
物販コーナーもあり、LINEグッズが購入できるようになっていました。

 
招待状を見せればチャレンジ出来るルーレットもあり、当たればLINEキャラクターのぬいぐるみなど豪華なグッズをプレゼント。また、これとは別に参加者にはLINEキャラクターグッズが配布されました。本当に太っ腹!!

LINEの止まらない勢いを感じる、熱気に満ちたイベントでした。
来年の夏には一体、どんな内容が発表されるのでしょうか?今から楽しみです!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ