wingit

【SSPで収益UP】サイバーウィングのスマホ向けSSP「wing it」を使うメリットはこれ!(3/4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月19日]

2013年7月23日、六本木ヒルズGoogle東京オフィスにて、アド(広告)部 (日本Androidの会 秋葉原支部)主催のセミナーイベント 第13回アド部 in 東京 – SSPとかのお話 が開催されました。

講演者のサイバーウィング株式会社 小山さん

今回のセミナーは、グーグルが提供しているSSPサービスAdWhirl が9月末で終了してしまうこと、そしてAdMobメディエーションで日本のデベロッパーがよく使っていたパーセンテージ(%)を使った配信比率設定が突然使えなくなってしまったことを受けて、SSPと広告メディエーションをテーマに企画されました。
本記事では、サイバーウィング株式会社が提供する広告収益最大化SSP「wing it」の紹介について、同社のソリューションビジネス部 Wing itモバイル事業開発グループ  小山壮士氏による講演内容をレポートしていきます。小山さんは、なんとCDデビューも果たしている元・歌手だそうで、自己紹介では会場から驚きの声があがりました!

▼SSPで収益UP連載企画(全4回)
第1回:グーグル社員が教える、AdWhirl終了後はAdMobメディエーションもいいけどDFPスタンダードの話
第2回:『Adstir』担当者が教えるアプリの広告マネタイズで重要なポイント
第3回:サイバーウィングのスマホ向けSSP「wing it」を使うメリットはこれ!←イマココ
第4回:広告事業者でなくメディア視点で作ったSSP「アドフリくん」


今日は、「SSPって何?」という方に向けて、当社のSSP「Wing it」のご紹介をさせていただきます。

アドネットワークの複数運用はもはや常識に

アプリの広告マネタイズを、数あるアドネットワークの中から一つだけを選んで運用する開発者の方は多かったと思います。
しかし、このスライドからもわかる通り、アドネットワークというものは時期よってかなりeCPMが変動するものです。(※eCPM:広告1000回表示またはアクセス1000ページビューあたりの収益額)
そこで、これからは複数のアドネットワークさんを同時に運用するSSPというツールの活用がポイントになってきます。SSPで、その時々で単価の高いアドネットワークを表示させるように切り替えることで効率よく収益アップをすることができます。

サイバーウィングのSSP「wing it」とは

wing itは、サイバーウィングが16年間の広告配信事業で培った技術とノウハウを詰め込んだ、大規模広告配信に向けた強靭な基盤が売りのSSPです。大規模広告配信に対応できる、OpenXを利用できます。
関連会社のNECビッグローブが運営するTwitterクライアントアプリ「ついっぷる」の広告はWing itで運用してますし、そのほかにもスマートフォンの多岐にわたるジャンル(SNS、ブログ、ニュースサイトなど)で、運用をいただいてます。

wing itの取引形態と役割

左側に媒体社、右側にアドネットワークさんがいて、その間にwing itが入っ運用の手間を削減し、さらに収益を最大化させるという役割をしています。
SSPは、アドネットワークを自分で選定して接続するタイプのものと、すでに接続されているアドネットワークを使うもので分けることができると思います。弊社のWing itは後者にあたります。

wing itの導入メリット

1、接続するアドネットワークを考えなくていい

wing itの導入メリットは、1つめは接続するネットワークの選定が不要という点にあります。
アドネットワークを自分で選ぶにしても、扱っている案件数や管理画面の仕様などがバラバラですし、設置するアプリによっては扱う広告の相性も全然違ってきます。
そこで、wing itは国内の主要なアドネットワーク10社以上と提携しているので、初心者から上級者さんまで安心して使っていただけるようになっています。
スライドにのっているのはその一部ですが、wing itの管理画面からは接続している全てのアドネットワークをご確認いただけます。

2、アドネットワークとの契約・会計が一本化

2つめは、各アドネットワークさんとの契約・会計が一本化できる点です。通常各アドネットワークさんと契約する場合はそれぞれに申し込みが必要となり、また会計もバラバラになります。wing itなら、利用したいアドネットワークにWEBからお申込みいただくだけで、簡単に接続することができます。
また、アドネットワーク毎に収益が上がっても、一定額に達しない限り支払いが来月に繰り越されるというルールで、売上があがってもすぐに受け取れないケースがあるかと思います。特に、広告の設置直後はいきなり大きな収益はあがりにくいですよね。
その点、wing itに収益を一本化できれば、復数アドネットワークからの売上を合算して3,000円以上になった時点で収益を得られるのはメリットかと思います。

3、組み込みSDKはwing it-SDKの1つのみ。
復数のアドネットワークを運用する場合、アプリにSDKをいくつも実装する必要がありません。wing itのSDKを1ついれていただくだけでOKなので、例えばアドネットワーク毎にSDKがアップデートされるごとにメンテナンスが必要ということはなく、かなり手間が省けます。

4、自動運用で手間いらず。管理画面で実績比較
管理画面では、縦軸で各アドネットワークの種類、横軸でそれぞれのレポートが見れるようになっております。非常にシンプルに作りました。管理画面は、大きく、このレポート画面、広告の設定画面にわかれています。

今週、今月、先週、先月、去年、今年、などなど…様々な集計期間で簡単にレポートを表示できます(11パターン)。
アドネットワークごとのレポート詳細も確認できます。PV数からリクエスト数、インプレッション数、フィルレート、クリック数などの細かい数字が確認できます。
また、自社広告のレポートを表示したり、広告素材のアップロードも可能です。
アドネットワークの配信比率設定は、自動と手動で選択できるようになっております。タイムローテーションも7パターンから設定できるようになっております。

自動・手動で運用OK

管理画面で設定できる各アドネットワークの運用方法ですが、自動と手動のどちらかで選択できるようになっております。

自動の場合、弊社の16年もの広告運用実績から培ったノウハウを活かした自動最適化が可能ですし、手動で配信比率を変えることも可能です。
例えば自社広告も混ぜて、20%は自社広告を流して、残りの80%をアドネットワークで自動化という運用もできます。逆に80%を手動で比率設定することもできますし、もっというと、20%を自社広告にして、残りの40%を自動、さらに残りの40%を手動とすることも可能です。

wing itを使うメリットまとめ

wing itは弊社サイバーウィングとの利用契約をするだけで、国内10社以上の主要アドネットワークがご利用いただけます。復数アドネットワークの収益を一本化することができ、組み込みSDKは、wing it SDKの”1つ”のみです。管理画面では各アドネットワークのレポートを一元化して表示でき、広告の掲載可否は媒体、アプリごとに業種カテゴリ単位で設定が可能です。

以上、簡単ではございますがwing itのご紹介をさせていただきました。ありがとうございました。


→続いて、最後のレポートです。

▼SSPで収益UP連載企画(全4回)
第1回:グーグル社員が教える、AdWhirl終了後はAdMobメディエーションもいいけどDFPスタンダードの話
第2回:『Adstir』担当者が教えるアプリの広告マネタイズで重要なポイント
第3回:サイバーウィングのスマホ向けSSP「wing it」を使うメリットはこれ!←イマココ
第4回:広告事業者でなくメディア視点で作ったSSP「アドフリくん」

関連サイト:
wing it公式サイト
株式会社サイバーウィング公式サイト

コメントは受け付けていません。

PageTopへ