スクリーンショット_071213_034429_PM

パクり・ダメ・絶対!開発者泣かせの盗作アプリの現状を徹底検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年8月21日]


「989Works」の『DOOORS』シリーズといえば、超有名な無料脱出ゲームアプリ。
そんな定番『脱出ゲーム DOOORS』シリーズのAndroidアプリが、なんとソースコードを丸ごとコピーされる形で盗作されるという事件が発生しました。
これは許せない…!というわけで、徹底検証してみました!

関連記事:
国境を越えて愛される脱出ゲーム『DOOORS』ヒットの裏には盗作アプリ事件が…!

本家とパクリを比較

本家『DOOORS』シリーズのAndroid版のデベロッパー名は「989Works」。そして、問題となっている盗作アプリが『Doors Challenges』シリーズで、リリース元は「TOP FREE ANDROID」というデベロッパーからリリースされているようです。
実際にインストールして、本家と盗作を一応確認してみることに。

左が本家、右が盗作

まずはアイコンからチェック。
左が本家「989Works」の『DOOORS2』で右が盗作の『Doors Challenges2』。
アイコンに共通するのは、「2」と書かれた文字だけ。
アイコンを見る限りでは同じアプリとは思えないですね。

続いて、アプリ起動画面をチェック。

うわあああああ!!!ちょっと!!!ご覧ください!

ドアの色も選択肢も全部一緒ですよ!!

『Doors Challenges2』から『DOOORS2』にタイトル変わってますけど…。

『DOOORS2』

『Doors Challenges2』

これはエライコッチャ…。次は、ゲームをプレイしてみます。
…こ…これは…ゲーム内容も説明文も全く一緒です!!!

ゲーム下部に書かれた「Copyright©58works.com」という著作権表示の文面が悲しく見えます(´;ω;`)

『DOORS2』

『Doors Challenges2』


『DOOORS2』

『Doors Challenges2』


『DOOORS2』

『Doors Challenges2』

翌日にはパクられていた!


このDOOORSシリーズの他にも、「989Works」の最新脱出ゲームアプリ『KALAQULIR』というアプリが、リリースした翌日には別の開発元によってパクられていたことを確認しています。ただ、現在は本家「989Works」の申し立てによって削除されています。(『KALAQULIR』紹介記事はこちら

なお、今回ご紹介した『Doors Challenges』の1と2も、レビューをしている間に削除されました。
パクリのスピードは非常に速い一方で、発見次第すぐに削除されていることがわかります。

他にも被害アプリがたくさん!

この開発元が他にリリースしたアプリを調べてみると、見覚えのあるアプリが出るわ出るわ…で大変なことになっていました。これは臭う…臭うぞ!!!その一部をご紹介します。

・『Jewels Star』

本家『Jewels Star』

パクリ『Jewels Star Blast』

・『ペンギンの翼2』

本家『ペンギンの翼2』

パクリ『Penguin Fly』

・『BMX Boy』

本家『BMX Boy』

パクリ『BMX Biker』

以上はほんの一部。まだまだたくさんのパクリアプリをリリースしているようでした。
これら全てのアプリが、『DOOORS』シリーズ同様、ソースコード丸パクリの盗作でした。

「パクり行為」は、著作権侵害以外の何物でもありません

今回、ご紹介した開発元以外からも、盗作アプリはたくさん存在しています。
盗作側は、有名なアプリに便乗してインストール数を稼ぐことで広告収入を得ようとしているのでしょうが、もちろん「パクり行為」は、著作権侵害以外の何物でもありません。
また、業者によっては、インストールしたユーザーの個人情報を盗んだりと、悪質なウイルスを仕込んでいる可能性もあります。

開発者として、誰かが丹精込めて作り上げた作品を安易に盗むような真似を是非しないで頂きたいですね。
Google Play側としても、報告を受けてから削除をするのではなく、こういった盗作を事前に防ぐ何かしらの対処をするべきなのでは?
また、ユーザー側としても、アプリをインストールする前には、必ず開発元やアプリのアクセス内容を確認するなどして、アプリが信頼できるものかどうかをきちんと吟味した方がいいと思います。

パクリはダメ・絶対!!!

コメントは受け付けていません。

PageTopへ