unnamed

「日本のカワイイ」を発信する写真共有の無料アプリ、海外でヒットのワケは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年6月06日]

日本で誕生し、アジアで爆発的大ヒットとなっている女の子向け写真共有の無料アプリ『Snapeee』を運営する株式会社マインドパレットを訪問させて頂きました!

アジアの女の子にヒットした「インスタグラム」?

4,000点以上もあるスタンプやフレームで写真を可愛くデコレーションして共有できるアプリで、言わば、女の子向け「インスタグラム」。ネイルやファッション、料理や女子会の様子など、女の子らしい「カワイイ」写真の数々がなんと1日約50,000枚も投稿されています。

スタンプなどが豊富!

写真を可愛く加工!

世界中で400万人以上の女の子に愛されている本アプリ。その約70%が日本でなく海外(主にアジア)のユーザーだそうで、これまで13カ国ものAppStoreでカテゴリ1位を獲得。日本だけでなく、海外の女の子の中でも知名度の高い定番アプリです!

そんな海外で人気の高いSnapeeeらしく、アプリレビュー欄や公式Facebookページには海外ユーザーからのコメントがたくさん寄せられています。

すごいっ!コメントがタイ語、タガログ語、と英語だぁ\(◎o◎)/!

また、Snapeeeには一般ユーザーだけでなく、ファッション誌など企業のアカウントも開設されています。好きな企業・ブランドのアカウントをフォローして、投稿された写真の商品を連結しているサイトでそのまま購入できるなど、プラットフォームとしての一面もあります。

公式アカウントはいろいろ

投稿された写真をカテゴリ別で表示

Snapeeeは現在AndroidとiOS向けに配信中です。

▼詳しくはコチラ:

今回はマーケティング・ディレクター・神野 早紀氏サーバエンジニア・津留 一仁氏Androidエンジニア・矢作 豊庸氏にお話を伺いました!(以降、敬称を省略。)
———————————————————————-

女の子の「カワイイ」は、世界共通!

マーケティング・ディレクターの神野 早紀氏

—–皆さんが思う、「カワイイ」とはなんですか?
神野 これは、永遠の課題ですね(笑)
カワイイって、ペットだったり、食べ物だったり、ファッションだったり、どれにも使うことができると思うんですよ。
さらに言うと、そのカワイイって時間によっても変わるし、日によっても変わるし、年をとればさらに変わります。
例えば、写真をデコレーションするスタンプの選び方にしても、1年後には、今とは違う系統のものを選んでいるかもしれないですよね?女の子にとっての「カワイイ」って本当に様々なので、「女の子がその時々でリアルに感じるもの全てがカワイイである」とうちでは定義していますね。

—–とても「感覚的」ですよね?
神野 はい、そうなんです。感覚的だからこそ、言葉の壁を超えたコミュニケーションが実現するんです。
Snapeeeにはfacebookで言う「いいね」ボタンだけでなく、「かわいい!」とか「おいしそう!」とか「すごい!」など、「カワイイ」の中のさらに細かい気持ちを表現できるボタンを用意してます。それによって、国を超えた「カワイイ」の共感をさらにしやすくしているんです。

4種類のプッシュボタンが押せる

神野 中国語やタイ語でコメントが書かれていても、日本人で理解できる方はそう多くはないと思いますが、プッシュボタンがあればアイコンで気持ちが伝わりますので「カワイイ」という気持ちを言葉の壁を越えて共有できるというところもSnapeeeの特徴です。
自分が「カワイイ」と思ったその瞬間を記録して、言葉の壁を越えてリアクションをもらったり、新しく発見する。それを実現するのがSnapeeeでありたいんです。

—–ちなみに、男性陣は「カワイイ」についてどう思いますか?
津留 カワイイって感覚的で人それぞれ違いますよね。その日の感情によって変わるものじゃないかな?

矢作 難しいですよね…個人的に言っちゃうと、モデルさんはやっぱりカワイイって思いますね(笑)なので、自分の中でカワイイって感じるのは女性的な可愛らしさかもしれません。それ以外にも、ペットだったり、食事も可愛らしく弁当を作ってあったりすると、カワイイと思います。

神野 男性の方が自分の好みに対してゆるがないのかもしれないですね。女性って結構1年後違うファッションをしてたりしますし。その時その時で好きなものが変わっていくのが、女性なのかもしれませんね。

目指すところは、アジア!

—–世界展開していくなかで、なぜアジアに注力しているのでしょうか?
神野 Snapeeeは日本発祥のアプリではあるんですけれども、ユーザーの多くが海外の、特にアジア圏の方となっています。初めは、特に海外向けにアプリを作ってたわけじゃないんですが、それが海外の女の子に受け入られたんです。このことから、台湾・香港・タイなどでは特に日本の文化が浸透しやすいというのがわかったので、そういったまだ成熟しきっていないけれども、人口も多くて今後成長が見込めるアジアを中心に注力していくべきだと考えています。

まずは、台湾から広げていきたいと思っています。台湾は日本の「カワイイ」文化との親和性がより高いですので。

—–今後、アジア以外の展開は?
神野 アジアの先にはあると思いますが、まずはアジアに集中していきます。

マネタイズはタイアップ広告とアプリ内課金

—–アプリの利用は基本無料ですが、マネタイズはどのようにされてますか?
神野 このアプリの収益は主に2軸で走っていて、タイアップ広告とアプリ内のアレンジ素材販売(アドオン)です。
タイアップ広告は、例えばSnapeee内にあるイベントの枠でのコンテンツ配信や、ビジネスアカウントの運用などです。

—–アレンジ素材は、ユーザーが課金しなくても無料でポイントをためて交換も可能なんですよね?
神野 はい。去年実施したSnapeeeバージョン2.0へのアップデートから導入しました。課金をしてくださるユーザーさんはもちろん、課金をしないユーザーさんにもSnapeeeをもっと楽しんでもらいたかったんです。課金をしなくても、Snapeeeを楽しみながら使い続けてもらえるように、ポイントをためることでのモチベーションアップや、もっと使いたい!と思ってもらえるような欲求にきちんと応えられるようなサービス展開に努めています。

—–タイアップ系の広告に関してお聞きしますが、ビジネスアカウントはオシャレにフォーカスしたものが多いのですか?
神野 今はファッション系のアカウントが多いのですが、今後ファッションに限らず、例えばお菓子等のブランディングやプロモーションを考えられているメーカーさんなどにも使っていただきたいと思っています。

—–ファッションブランドのアカウントの中には、投稿写真でモデルが着用している洋服をそのまま販売しているケースもあるようですが、実際に買われる方は多いですか?
神野 購入されるユーザー様は増加傾向です。商品のプロモーションはもちろんですが、ブランディングの目的でご利用いただくケースも多いです。
国内はもちろん今後、海外展開したいという企業様にとっても、海外のユーザーさんにブランドを知ってもらう場として効果的に使ってもらえると思っています。今までアプローチできなかった新規のファン層をSnapeeeでは獲得できますので、スマートフォンで物を買うという市場が今後大きくなるに従って、各企業・ブランド様の購買フィールドも大きくなります。

—–映画の広告もありますよね?
神野 企業様によっては、ビジネスアカウントとは別で、「イベント枠」でのコンテンツ配信という形で出稿いただくケースもあります。イベント枠は、一般ユーザーさんから写真を集めるような投稿型のイベントを開催する場合もあれば、企業様自身で商品の写真をどんどん更新してもらうなど、いろんな使い方ができるようになっています。
中にはイベント枠とビジネスアカウント両方でプロモーションやブランディングに使ってくださる企業様もいらっしゃいますね。

—–海外アーティストさんのアカウントもあるんですね!
神野 はい、ご利用頂いています。
例えば、日本で既にメジャーなアーティストさんに限らず、これから日本に進出したい海外のアーティストさんがSnapeeeを使って、現地のファンを巻き込みながら日本のファンを獲得する、ということもできるかと思います。国境を越えてファン同士で盛り上がり感を共有できます

今後はAndroidにも注力!

Androidエンジニア・矢作 豊庸氏

—–Androidに力を入れている理由は?
神野 SnapeeeのユーザーさんはまだまだiOSが多いのですが、世界の端末シェアだとAndroidの端末の方が多いので、より多くの方にSnapeeeを楽しんで頂くためにも今後はAndroidにも注力していくという方針です。

—–AndroidとiOSのユーザーさんとでは、アプリ内での行動に違いはあるのでしょうか?
矢作 そうですね、数字的なところで言うと、結構差が出たりはします。元々作りが若干違うというところもあるので、そこの関係性もあると思うんですけど。

—–今後の課題は?
矢作 これは日々やっていることなんですが、効果測定からの細かい改修は引き続きやっていきたいですね。例えば会員登録画面を改修して、会員登録率を上げたりですとか。また、企業様の公式アカウントの広告価値を上げるために、できるだけ多くのユーザーさんにSnapeeeから企業さまの公式サイトに飛んでもらえるような導線づくりも強化していきたいです。

—–Androidアプリの開発をされて1年半とのことですが、端末数の多いAndroidアプリの開発は大変なのでは?
矢作 そうですね、でも最近は慣れてきましたね。機種は多いですが、機種依存の不具合が出ないように「こうやって書けば大丈夫だろう」って感じで、なんとなく自分の中で掴めてきたので、そこは意識しなくなりました。ダメなところもまだ色々あるんですけどね(笑)

海外SNSとの連携では言語の壁にひと苦労!

サーバエンジニア・津留 一仁氏

—–Sina Weibo、Renrenなど、多くのSNSと連携されてますよね?
津留 はい。本当に苦労しました。中国語は全然分からないのに、開発ドキュメントが全て中国語のみなので、ちゃんと解釈して設定するのにすごく時間がかかりました。参照できるのは公式のドキュメントのみですし、Q&Aサイトも全て中国語ですからね。

Google翻訳や外部の方に協力を頂いて、なんとかここまで出来ました。Sina WeiboやRenrenなどと連携出来たのは、色々な方々のご協力があったおかげでした。その時にエンジニアも人とのつながりが大事だなと感じました。それ以来、エンジニアの勉強会など参加した際はなるべく懇親会に参加し、人脈を広げるように努力しています。

—–頼もしいですね!中国語はわかるようになりましたか?
津留 いや、全然わからないですね(笑)でも、Google翻訳をはじめとしたツールを使ったり地道に情報を集めてなんとかします。もうなんでも来いです!

日本のトレンドを海外に発信していきたい

—–Snapeee側で常に最新のトレンドを追うのは大変なのでは?
神野 そうですね。Snapeeeの中の「Japan Kawaii」というカテゴリで日本ユーザーさんの「カワイイ」と思うネイルやファッションを投稿してもらっているのですが、そういったユーザーさんや企業アカウントから発信されたものがトレンドになっていく、という風になればと思います。
一番トレンドに敏感な層であるモデルさんなどにも使って頂けているので、そういった方が発信してくれるようなコンテンツはすごく影響力があると思いますので。

—–なるほど。トレンドに敏感なユーザーさん自身でトレンドを作っていけるわけですね、
神野 はい。もちろん、Snapeeeからもしっかりと情報をチューニングした上でトレンドを発信しています。ユーザーさんとSnapeeeの両方で一緒にトレンドを発信していけるようなメディアになっていきたいです。
———————————————————————-
ありがとうございました!

こんなに「カワイイ」がいっぱい詰まったSnapeeeですが、企画・開発を手掛けたのはなんとみんな男性メンバーであったそうです!!!女性スタッフが入るまで、女性が好むデザインや「カワイイ」に関する研究にはかなりの苦労と時間をかけたそうです。その研究の成果もあって、今や写真をきっかけに国境を越えて「カワイイ」を共有できるSnapeeeというサービスが国内外の女性の心を魅了したわけですね!
これからのSnapeeeにも期待していきたいです!

お邪魔しました~(^u^)

▼その他インタビューはコチラ:

コメントは受け付けていません。

PageTopへ