Google Play Music All Access

定額聴き放題の大本命!?『Google Play Music All Access』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年5月16日]

 Googleは、現在開催中のGoogle I/O 2013にて、定額制の音楽配信サービス『Google Play Music All Access』を発表しました。

 Google Play Music All Accessは、数百万曲にも及ぶ音楽を、好きなアーティストやジャンルでの自動レコメンド機能などを使って楽しむことができるサービスです。手持ちの楽曲は2万曲をクラウドに保存することができ、これらとAll Accessのカタログを組み合わせて再生することも可能です。

 利用料金は月額9.99ドルで、初めの一ヶ月は無料。また、6月30日まではトライアル期間として、7.99ドルで利用することができます。

 なお、本サービスはアメリカのみのスタートとのことで、現時点では日本のGoogle playで利用することはできませんでした。

現在のところ、お住まいの地域では Google Play の音楽はご購入いただけません。
できるだけ早い時期にさらに多くの国でご希望のコンテンツを提供できるよう最善を尽くしております。
後日またご確認ください。

Keynoteで行なわれたGoogle Play Music All Accessの解説

 Google Play Music All AccessやSpotify等の定額音楽配信サービスは、何と言っても手軽な金額で大量の楽曲を楽しめるのがメリットです。Google Play Music All Accessのひと月の利用料は9.99ドルですが、これはアップルのiTunesでは数曲分の価格に相当します。音楽配信市場の6割を占めるといわれるアップルがこのまま手をこまねいているとは思えませんが、新サービスの内容や投入のタイミングによっては、音楽配信の勢力図が大きく変わるかもしれません。

Android@I/O: Just press Play

関連記事

  • Googleの音楽定額サービスにWarnerと提携か?
  • 音楽聴き放題サービス、アーティストが得られる利益は0.4円
  • Apple、音楽聴き放題サービスに向け水面下で話し合い中?
  • 【最新版】どれにする?日本で使える音楽定額サービスまとめ
  • コメントは受け付けていません。

    PageTopへ