ネイル2

スマホケースも衣替えする時代!?オリジナルケースの自作・販売プラットフォーム展開を目指す『CollaBorn』に迫る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年5月10日]


最新トレンドをおさえた400種類もの圧倒的デザイン数を誇るスマートフォンケースブランド『CollaBorn』。ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ロフト、東急ハンズ、PLAZA、ヴィレッジヴァンガード、AppBankStore等、大手の量販店のスマートフォンケースコーナーで必ずみかけるおなじみのスマートフォンケースブランドです。
個人向けに一個~企業・団体向けにも何百個の注文にも対応可能なオリジナルケースデザインが作れるサービスを早くから展開しているブランドでもあります。店頭で、ケースの販売だけでなく、『CollaBorn WILD CARD Plus(2,980円)』というWEBでのオリジナルケース注文用のプリペイド型カードの販売をはじめる、という斬新な発想でスマートフォンケース業界をリードするチャレンジングな仕掛けも魅力です。今回は、そんなスマートフォンケースブランド『CollaBorn』を運営する株式会社サムライワークスの取締役・高橋健太氏と、WEB事業部長・佐藤孝臣氏のお二人に、今後のスマートフォンケース販売への思いや今後のサービス展開についてお話をうかがいました。

オリジナルケースの作り方

お話をうかがう前に、まずは『CollaBorn』の目玉であるオリジナルケースデザイン作成サービスについて、教えていただきました。

『CollaBorn』のWebサイトから、ケースを作成したいスマートフォンの機種を選んで、デザイン作成画面に移動します。


デザイン作成画面には以下の機能があります。

  • 画像のアップロード
  • 文字入れ
  • スタンプ
  • フォトフレーム

といった機能があります。
スタンプの大きさ調整など、スマートフォンで広く普及しているデコカメラアプリのような直感的操作で簡単にサクサクデザインできました。
デザインが完成したら、注文数・発送先・クレジットカードで注文を確定します。5~10営業日で手元に届くそうです。

▼使い方動画

デザイナーがオリジナルスマホケースを
販売できるプラットフォームを作りたい

受注→生産→発送のサービス提供をしつつ、400種類ものデザインケース販売となると、なかなかの人出が要りそうなところですが…気になる「中の人」の数をズバリ聞いてみました。

WEB事業部長・佐藤孝臣氏

───従業員の方は何名くらいですか?
東京に10名、大阪に15名の25名です。大阪で生産から発送まで行っているので、そちらの方が人手が要りますね。東京は営業が多いです。

───大手家電量販店で必ず見かけるくらい商品展開されているのでもっと多いのかと思いました。生産は外注でなく自社内で行っているのでしょうか。
はい、熱転写という方法を使い、大阪にある自社工場で生産しています。もともとはスマートフォンケースでなく、オリジナルTシャツやグッズの受注生産をやっていた技術をスマートフォンに応用しています。熱転写機の販売も行っています。

───たくさんのデザインケースも展開していますが、それらのデザインも自社で行なっているのでしょうか?
デザイン会社のオイルショックデザインズさんと協業して生産しています。生産まで自社で行っているため、需要に合わせて在庫を細かくコントロールできるという強みを生かし、400種類という多デザイン展開を実現しています。
また、『CollaBorn』上でデザインの募集を行い、応募者の中から厳選した個人のデザイナーと契約したりもしています。

───個人のデザイナーも御社と契約を取り交わせば、自分がデザインしたスマホケースを『CollaBorn』上で販売できるんですね。
現在はそうですが、今後は個人デザイナーによるデザイン販売プラットフォームという面も持たせようと考えています。デザイナーがデザインをアップロードすると『CollaBorn』での販売が開始され、売れたらオンデマンドで生産・発送し、デザイナーには弊社からロイヤリティが振り込まれる仕組みです。

───居住地や納期等に縛られずデザインを提供できるようになるんですね。デザインの選択肢が広がるので、ユーザーとしても楽しみです。

多端末対応と多デザインを両立
スマートフォンケースを”衣替え”する文化を作りたい

高橋氏

取締役・高橋健太氏

───オリジナルTシャツなどをデザインするサービスであった『CollaBorn』でスマートフォンケースのデザインも取り扱い始めたのはいつ頃ですか?
『CollaBorn』自体は、3年前くらいに、Tシャツやマグカップなどのグッズにオリジナルデザインをプリントするサービスとして始めました。
1年半くらい前にiPhoneケースの対応を開始したところ売上が急増したので、現在はスマートフォンケースを主力商品にしています。

───顧客の男女比はどうでしょうか?
既製品の注文は女性が多く、オリジナルグッズの注文は男性が多いです。全体では、やや女性が多い印象ですね。

───ネット通販と店舗、どちらが売れていますか?
既製品の9割は店舗で売れており、オリジナルケースの8~9割はネットで売れています。
『CollaBorn WILD CARD Plus』(Webからオリジナルケースを注文するためのプリペイドカード)も店舗で同時に販売しているんですが、全てネットで済ませてクレジット決済する方が割合としては多いです。

───今後はどういう商品展開を考えていらっしゃいますか?
全機種に対応したいと考えています。iPhoneのデザインケースは既に充実していますよね。しかし僕が使っているARROWSは、デザインケースの選択肢が非常に少ない。ARROWS、Optimus、DIGNO…そしてさらにシェアの低い機種のユーザーまで、数百種類のデザインから選べるようにしたいんです。そして、スマホケースもファッションのように、季節ごとにデザインを変えて気分を変えるような文化を作りたい。現在はまだ主要機種しか取り扱っていませんが、弊社は自社工場で1点から製造できるため、実現は可能です。製造ラインを自社で持っていなければ、在庫リスクが高いので難しいでしょう。

───以前Galaxy Nexusを使っていて、女の子向けの可愛いケースが全然無くて困ったので、それは本当に嬉しいです!
携帯ショップさんからも、主要機種でない端末のデザインケースを作ってほしいという要望が来ています。ショップで端末を購入した人が、一緒にケースも購入できるようにしたいというお話も頂いています。

───シェアの低い端末のユーザーにとって、ケースブランドは『CollaBorn』一択になる時代が来そうですね。
まさにそれを目指しています。iPhone4の頃までは、スマートフォンのデザインケースを扱っていたのって弊社くらいだったんですよ。しかし、今となってはiPhoneのデザインケースを作っている会社が本当に増えました。これからはデザインの数と質、そして全機種対応で圧倒していきたいです。

───Androidユーザーなので期待しています! ありがとうございました。

おまけ:おそろいネイルシールも発売!

『CollaBorn』では、スマートフォンケースだけでなくネイルシールも販売しています。
スマートフォンカバーメーカーならではの展開として、スマホとおそろいのデザインで楽しめるのがポイント!スマホ女子たちの注目を浴びること必至ですよ!
さっそく編集部のメンバーが私物のiPhone 5と一緒に試してみました。

お揃いのネイルシールを貼ってFacebookで友達に自慢してみたところ、
「欲しい!どこで売ってんの!?」とすごく好評だったそうです。

▼ネイルシールの使い方

甘皮側を揃えて貼り、爪の先をやすりで削るだけで完了です。
職場の服飾規定が厳しくても、これならアフターファイブで気分を変えて遊びに行くことができますね。パッケージには、やすりも同梱されています。


ネイルアートには技術が必要ですし、サロンに通うとなると定期的に数千円かかってしまいます。(実際筆者も月に7,000円くらいネイルサロン代がかかって大変でした…。)

でも、『CollaBorn』のネイルシールなら980円でOK!簡単に貼れて、オフする時も甘皮方向からゆっくり剥がすだけだから、お手入れが本当に楽です。マニキュアやジェルを落とすときのリムーバーより爪にかける負担が少なく、シンナー臭が苦手な方にもおすすめです。

気になるネイルの”持ち”ですが、2週間くらいはきれいな状態を維持できるんだとか。
筆者は貼って三日目ですが、貼りたての状態と何も変わりません。水や洗剤は大丈夫なのかな?と心配でしたが、髪を洗ったり皿洗いをしたりしても、全然平気なようです。
爪の表面を爪磨きで整えてから貼ったり、シールの上からトップコートを塗ったりすると、よりきれいに仕上がって長持ちするそうです。

人気モデル藤井リナさんとのコラボデザインシールも近日発売とのことで、スマートフォンケースだけでなく、ネイルシールの商品展開にも期待出来ますね!

▼その他のインタビュー記事はこちら
スマホ個人情報の漏洩…ネットエージェント代表・杉浦隆幸氏インタビュー
『アルパカにいさん』株式会社ココソラ開発者インタビュー
乙女向け大人気アプリ『ボイスサプリ』株式会社ビジュアルワークスインタビュー
全モンスターをコンプする28歳会社員パズドラー・ガイモン氏インタビュー

コメントは受け付けていません。

PageTopへ