recochoku

【最新版】どれにする?日本で使える音楽定額サービスまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2013年4月02日]

音楽の定額配信サービスといえば、PandoraやSpotifyを始めとする海外のストリーミングサービスが世界的に主流ですが、残念ながらそれらはどれも著作権の問題から日本では利用できないままでした…。
しかし、そんな音楽配信サービスにおいて世界からちょっと遅れをとっている日本でも、最近になってやっと国内大手レコード会社と提携した数多くの定額制音楽配信サービスが利用できるようになってきましたね!
しかし、色々あってどれがいいのかよくわからないよ\(^o^)/という人も多いはず。
そこで、今回は日本で使える音楽定額配信サービスをまとめてみました。

国内で使用できる音楽聴き放題サービス

レコチョク『レコチョクBest』▼

2013年3月4日から提供開始した、1960年代以降のJ-POPを100万曲以上聴ける『レコチョク Best』はスマートフォンに向けた定額音楽ストリーミングサービス。高音質で曲を再生できて、一度再生した曲をキャッシュしてオフラインで再生することも可能です。

■月額:980円
■楽曲数:100万曲以上

詳細なレビューはコチラ:

レコチョク Bestレコチョク Best

ソニー『Music Unlimited』▼

1,300万曲の音楽を配信する定額サービス『Music Unlimited』は、月額980円で最新のヒット曲から名曲を50種類以上の音楽チャンネルから楽しむことができます。お気に入りの曲を集めたプレイリストを作成できる他、PC、AndroidやPlayStation Vitaなど様々の機器から楽曲にアクセスすることも可能。
こちらも、一度再生した曲をキャッシュしてオフラインで再生することができます。

■月額:980円
■楽曲数:1,300万曲以上

詳細なレビューはコチラ:

Music UnlimitedMusic Unlimited

KDDI『LISMO unlimited powered by レコチョク』▼


洋楽やJ-POPの最新・名曲のラインナップが聴き放題のスマートフォン向けサービス。年代別ヒットソングやジャンル別に集めたオススメプレイリストで新しい音楽に出会うことができます。
一度再生した曲をキャッシュしてオフラインで再生することも可能です。

本サービスを利用するには、ウェブサイトよりau IDの登録とLismo unlimited会員登録が必要です。Androidの対応機種を参照するにはコチラをご覧ください。

■サービス利用料:月額980円(税込)
■楽曲数:約100万曲

LISMO unlimited(auのAndroid)LISMO unlimited(auのiPhone)

KDDI『うたパス

洋楽から邦楽のヒット曲が聴き放題。あらゆるジャンルが聴ける他、再生中の楽曲に合わせて歌詞が流れる機能も楽しめます!同じ楽曲を再生している人同士でつながって、同じ曲を聴きながらチャットをするなどの楽しみもあります。
ただし、うたパスは完全にストリーミング形式での再生のみしかできないので、一度再生した曲をキャッシュしてオフラインで聴くことはできません。
本サービスを利用するには、au IDのログインが必要です。契約しているキャリアを問わずiPhone、iPad、iPod touchで利用できる他、コチラのAndroid機種に対応してます。

■月額:315円 (auスマートパス会員限定)【Apple IDでのご利用は450円/30日】
■楽曲数:-

詳細なレビューはコチラ:

うたパス(auのAndroid)うたパス(au,SoftBankのiPhone)

▼NTTドコモ『dヒッツ』▼

月額315円で、「dミュージック」の約100万曲からJ-POPなどのヒット曲を中心に選りすぐりの曲が配信!アーティストや年代別に集めた楽曲、季節に合わせた特集などが楽しめるスマートフォンに向けた定額制の聴き放題サービス。会員数は、サービス開始から約8ヶ月半で50万人を突破してます。

対応機種を参照するにはコチラをご覧ください。

■月額:315円
■楽曲数:約100万曲

参考ページはコチラ:

dヒッツ(docomoのAndroid)

DeNA『Groovy』▼

2013年3月28日より開始したiOSおよび、Android用の音楽サービス『Groovy』。同サービスは、39社にのぼるレコード会社と提携し、音楽を再生する機能に加え、音楽の好みを通じてユーザー同士のつながりが持てる、SNS機能を備えてます!
Groovyでは、45秒間の楽曲の視聴ができる他、「プレイチケット」を使って楽曲をフルで再生することができます。ただ、プレイチケットで再生した曲は、アプリ内にダウンロードされるわけでなく一度きりのフル再生ができるだけですので、同じ曲をもう一度フルで聴くにはまたプレイチケットをもう1枚消費することになります。
何度も聴きたい場合は、「Groovy Store」というウェブサイトから楽曲をダウンロード購入することができます。

■Android版:99円(17枚のプレイチケット)、iOS準備中
■楽曲数:100万曲以上

参考ページはコチラ:

Groovy

国内未上陸な人気サービスはたくさんある!

海外で定番となっている音楽聴き放題サービスといえばRdio、PandoraやSpotifyなどが有名ですが、最近は大手IT企業、アーティストDr.Dreが共同設立したBeats、SNSのTwitterなどが、次々と音楽配信ビジネスに参入してきており、今後更にこの市場の競争が激しくなることが予想されています。

海外で注目の定額サービスはコチラ

日本への上陸はいつになるのでしょうか?

関連記事:

コメントは受け付けていません。

PageTopへ