アイキャッチ画像

なにわのシンボルの今昔をたどる『通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2017年1月06日]

img_3773

株式会社日立製作所と通天閣観光株式会社が、開業60周年を記念して通天閣の歴史を振り返ることができる『通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ』を開発しました。

幸福の神様ビリケンでおなじみの通天閣は大阪観光スポットの1つです。通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリを通じて通天閣の魅力にせまっていきたいと思います。

通天閣とは
大阪の新世界のほぼ中央に位置する通天閣は、実は1956年に完成した2代目です。鮮やかなネオンの広告が目を引きますが、時代とともに変化するこの広告はなにわのシンボルになっています。トップのネオンは「光」の演出によって天気予報を示しており、夜になると明日の天気が一目でわかります。

ARで新世界の今昔を比べる

それでは、アプリを立ち上げてみましょう。パンフレットに記載があるA~Oの場所へ行き、通天閣の昔をARで見ようをタップし、カメラで該当箇所を読み込みます。
img_3774img_3775

天王寺動物公園から見える昔の通天閣の景色です。今と比べてどうですか?

img_3779-2

クリックすると、公認キャラクターのビリケンが場所案内をしてくれます。

新世界に今いなくても、HPからパンフレットをダウンロードし、ARを楽しむことができます。A~Oの場所を読み込み、現在の写真をタップします。透明度設定で左にカーソルを合わせていくと過去→現在へと写真が変化していきます。

img_3780

通天閣の形に変化が見られます。そして日立の広告も変わっています。

また、1月10日より順次VRドラマがアプリ内で公開されます。360度見渡せる映像で通天閣に関わる人や企業を題材としたショートドラマになっています。

通天閣は、その周辺の地域と一緒に歴史を刻んできたことがアプリによってわかりました。昔の写真を映すARで時代の流れをぜひ感じてみてください。

▼参考リンク
通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ
通天閣LED・ネオン広告
幸福の神様 ビリケンさん

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

通天閣60周年記念 日立AR・VRアプリ

配信元:株式会社 日立製作所 (Hitachi, Ltd.)

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.1 / iOS:1.0.1

Androidアプリのアクセス内容

カメラ
画像と動画の撮影
その他
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス

※記事内の情報はすべてレビュー時(2017年01月06日)の情報です。

タグ:
PageTopへ