アイキャッチ画像

10枚同時にデータ化!? AI搭載名刺管理アプリ『Wantedly People』の実力をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年11月29日]

スマホ登場以来、多くの名刺管理アプリがリリースされてきました。中でも、カメラで名刺を撮影してデータ化するというスマホならではの手軽さを売りにした『Eight』や『すごい名刺管理』など人力OCRを利用したアプリが人気を博しています。

しかし、実際にアプリで名刺を管理しているビジネスマンは少数。名刺管理アプリ『Eight』を提供するSansan株式会社が発表した「ビジネスマンの名刺管理アプリに関する意識調査」(2014年)によると、名刺管理アプリを利用している人はたったの4.6%で、利用しない理由としては毎回アプリを起動して1枚ずつ撮影するのが面倒であったり、動作やデータ化する速度が遅い、などがほとんど。また、MMDLabo株式会社とキングソフト株式会社の共同調査「営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に関する調査」(2016年)によると、名刺管理アプリを利用している人は13.7%で、アナログ管理派が約半数にのぼります。

そんな名刺管理アプリ市場に彗星の如く現れ、今注目を集めているのが、ビジネスSNS「Wantedly」で知られるウォンテッドリー株式会社がリリースした『Wantedly People』。今までの名刺管理アプリとは何が違うのか、実際に使ってみました。

人工知能による名刺管理

従来の名刺管理アプリは1枚ずつ読み込むのが一般的でしたが、『Wantedly People』は、複数枚を同時に読み込むことができ、10枚までの名刺をわずか3秒でデータ化。データはそのままアプリ内の連絡帳に追加することができます。さらに、人工知能により文字情報を解析しているため、名刺の読み込みを重ねるほど認識率が向上します。

また、Wantedlyのプロフィールと連携しているため、連絡先には名刺の情報だけでなく、職歴や学歴等の情報も追加されます。その他にも、LINEやSMS、メール等で名刺のデータを会社の人と共有でき、名刺の貸し借りをアプリ内で完結できるなど、便利な機能が揃っています。

本当に10枚同時にデータ化できるのか?

「同時に10枚 瞬間データ化」が本当なのか検証すべく、マイクロソフトが公開している名刺テンプレートを使わせて頂き、架空の名刺を10枚作成。
img_7098
アプリを起動するとカメラが名刺を探します。認識した名刺の上には〇が表示されます。
img_7099
しかし、なかなか10枚すべてを認識してくれません。ひたすら粘っているとやっと10枚同時に認識できました。
img_7118 img_7119
スキャンした名刺が浮かび上がり、データ化。
img_7120
認識に時間はかかりましたが、データ化は一瞬でした。
次に、「内容を確認して連絡先に追加」のステップに進みます。
img_7105 img_7121
中目黒太郎さん。名刺には電話番号が2つ書いてあるのですが、1つしか正しくデータ化されていません。また、「E-mail」という表記もメールアドレスに含まれてしまっており、ところどころ間違っています。住所も途切れています。

img_7108 img_7109
中目黒花子さん。名前、電話番号、メールアドレス、住所、すべて完璧! スキャンも綺麗です。感動しました。
……しかし、一字一句正しくデータ化できているのはこの1枚のみでした。
何度か挑戦したのですが、まず10枚同時に認識することが難しく、2枚を1枚の名刺として認識したり、1枚が分裂してしまうこともしばしば。住所やメールアドレスの認識率も高いとは言えません。
img_7122 img_7111
データが間違っていた場合は手動で編集して連絡先に追加するという流れですが、間違いが多いと、時間がかかります。そのため、少なくとも現時点では、10枚同時は不可能ではないにしても効率が悪いように思いました。
img_7116 img_7126

では、何枚同時が最も効率的なのか?

10枚は厳しいようなので、効率の良い枚数を探ってみることにしました。
img_7128 img_7115
名刺を1枚ずつ減らしていくと、6枚以下くらいからかなり精度が上がりました。すぐに名刺をすべて認識でき、データもほぼ正確です。あってもメールアドレスのハイフンとドット、iとjなどの細かい間違い程度で、これなら少し編集するだけで済みます。
img_7117

検証の結果、10枚は厳しいようでしたが、従来の名刺管理アプリよりは遥かに便利だと感じます。また、先述の通り人工知能が搭載されているので、使い込んでいけば10枚を瞬時にデータ化することも十分可能なように想像できます。特に名刺交換の頻度が高い営業マンや広報担当者は、『Wantedly People』を試す価値がありそうです。

▼参考リンク
86.2%のビジネスマンが「名刺管理は必要」と思うが、 アプリは利用せず。課題は「撮影の手間」 〜ビジネスマンの名刺管理アプリ意識調査〜|100万人が使う名刺アプリEight
営業パーソンのスマートフォン利用、名刺管理に関する調査
名刺特集 – 無料テンプレート公開中 – Microsoft Office – 楽しもう Office ライフ
Wantedly People(ウォンテッドリーピープル)|かしこく、名刺管理
Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Wantedly People 名刺管理&一括スキャンの無料連絡先アプリ

配信元:WANTEDLY, INC.

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.0.7

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年11月29日)の情報です。

タグ:
PageTopへ