アイキャッチ画像

ボーカルエフェクトを手軽に! iOS向けリアルタイム音声処理アプリ『VOLOCO』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年9月23日]

 今回はボーカルエフェクトが手軽に得られフリーで使用できる音声処理アプリ「VOLOCO」を紹介しましょう。文:内藤 朗(有限会社FOMIS)

VOLOCOとはどんなアプリ?

 Resonant Cavity LLCの「VOLOCO」は、自動チューニング、ピッチシフト、ボコーダー機能を装備し、ライブラリにある曲を選んで歌ったりハモったりすることができるリアルタイム音声処理アプリです。

voloco1

VOLOCOのメインスクリーンGUI。GUIのシンプルさと同様、操作性も非常にわかりやすい

voloco2

録音(録画)したデータはアプリ内でリスト表示され、ファイル名をつけて管理することができると共に、共有することもできる

 ライブラリから読み込んだ曲のピッチを検出し、自動的にその曲のキーのピッチに合わせてくれると共に、声のピッチもそれに合わせたものに修正する機能を持っています。
 もちろん歌った演奏は録音だけでなく、ビデオとして録画し、自分の音楽動画のセルフィとして共有することもでき、VOLOCOのYouTubeチャンネルで紹介してもらうこともできます。

VOLOCOのYouTubeチャンネル

ケロケロボイスはデフォルトに

 VOLOCOにスターターパックとして装備されているエフェクトは4種類で、以下のようなエフェクトが装備されています。

  1. ハードチューン:ボーカル音声のに対するピッチ修正が強くかかる効果を得られ、いわゆるケロケロボイス風サウンドが得られるエフェクト
  2. ナチュラルチューン:プリセット名のとおり、ボーカルが自然な歌として聴こえるようなピッチ修正が行えるエフェクト
  3. スーパーボコーダー:ロボットボイス風サウンドが得られる、ボコーダー効果が得られるエフェクト
  4. ビッグコーラス:歌った声に自動的にハモりを付加するエフェクト
voloco3

エフェクトの設定画面。設定可能なパラメータはないが、エフェクトの種類を選ぶだけで簡単にエフェクトをかけることができる

 なお、歌声にエフェクトをかけたくない場合などには「効果なし」を選ぶことでエフェクトをオフにした状態にすることが可能です。
 また、エフェクトのバリエーションを増やしたい場合には、アプリ内課金によって以下のような4種類のボーカルエフェクトプリセットパックを購入することができます。

  1. Bon Hiver:みずみずしいBon Iverの楽曲「Woods」のようなハーモニースタイルのエフェクト
  2. Duft Pank:フランスの有名エレクトロニックデュオ風のファンキーなボコーダーエフェクト
  3. P-Tain:R&Bやラップに最適なピッチ補正やセクシーな7thコードをプラスするエフェクト
  4. Sitar Hero:インドの古典音楽にインスピレーションされたサウンドが得られるエフェクト

即席ボコーダーサウンドにも

 まずはライブラリから曲を読み込んでみたところ、曲を読み込むと自動的にその曲のキーの検出が行われ、その曲のキーに最適化されますが、曲によっては異なるキーに設定されることもありました。その場合には後から手動でキーを設定できますので、設定したいキーに変更すると良いでしょう。

voloco4

キーの設定画面。キーの設定だけでなく、エコー(リバーブ系エフェクト)のかかり具合も設定できる

 続いて詠み込んだ曲を再生しつつ、ボーカルエフェクトを試してみましたが、各エフェクト共、プリセット名どおりの効果が得られ、サウンドキャラクターもユニークさが感じられます。
 ただ、リアルタイム処理ということで負荷が大きいのかもしれませんが、入力されたボーカル音声に対してエフェクトサウンドが出力されるまでのレイテンシーが感じられ、少し気になりました。この点は今後のアップデートに期待したいところでしょう。
 操作性はGUIのシンプルさもありますが、曲を選ぶ、エフェクトを選ぶ、録音(あるいは録画)、再生して楽しむというプロセスは非常に単純明快で手軽に楽しむことができる点は良いと思います。
 ちなみに元々のアプリの想定している活用法とは違うかもしれませんが、アプリを試していく中で、ふとした思いつきながら音楽制作で使ってみました。使い方としては単純で、VOLOCOを起動したiPhoneで歌ったボーカルのオーディオ出力を制作中の曲のオーディオトラックに録音するというだけなのですが、ボーカルに何か変わった効果が欲しいというような時や、SE的なボコーダーサウンドが欲しい時など即席ボーカルエフェクトとして使ってみるのも一つの手でしょう。もちろんエフェクトのかけ録り状態ですので、後から録音したサウンドのエディットは行えませんが、サウンドのラフスケッチ的なものであればVOLOCOでも十分活用できるでしょう。

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Voloco: Auto Voice Tune Harmonizer and Karaoke

配信元:Resonant Cavity LLC

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.9.2

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
位置情報
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
カメラ
画像と動画の撮影
マイク
録音
Wi-Fi 接続情報
Wi-Fi 接続の表示
その他
ネットワーク接続の表示
ネットワークへのフルアクセス
音声設定の変更
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年09月23日)の情報です。

PageTopへ