アイキャッチ画像

【ポケモンGO】第3回:ポケモンGO始めました~ポケストップでモンスターボールを手に入れよう~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年8月10日]

前回の記事では、最初のパートナーとなるポケモン選びをご紹介しました。第3回となる本記事では、ポケモンを捕まえるために必要な「ポケモンボール」などのアイテムの集め方などをご紹介します。

▼関連記事
第1回:ポケモンGO始めました~Googleアカウントで登録編~
第2回:ポケモンGO始めました~最初のポケモンは御三家orピカチュウ~
ポケモンGO 記事一覧

「ポケストップ」でアイテムをゲットしよう

001 002
マップを見るとところどころ青いオブジェが表示されています。これが「ポケストップ」です。ポケストップは現実世界の建物やモニュメント、公園に紐づけられています。ポケモンGOの前身ともいえるゲーム「Ingress」のプレイヤーが申請した場所(ポータルと呼ばれる)がそのまま「ポケストップ」に流用されています。熱心なIngressプレイヤーの手によって鳥取砂丘の杭が大量に申請され、結果、鳥取砂丘全体がポケストップだらけになったニュースは記憶に新しいですね。

ポケストップは基本的にキューブ状のオブジェとして表示されます。ある程度近づくとくにゃりと変型し、円状のオブジェになります。円状になっているポケストップからアイテムを取得することができます。

ポケストップをタップし拡大すると、ポケストップ名と申請時の写真が表示されます。これは「目黒馬頭観音」。目黒(めぐろ)という地名の由来は「馬畔(めぐろ)」ではないかと言われていて、目黒区にはたくさんの馬頭観音があるそうです。中目黒にある編集部に通い始めて2年以上経ちましたが、ポケモンGOをするまで(ポケストップを見るまで)馬頭観音の存在は知りませんでした。ポケストップをめぐることによって、なにげない日常の中にもたくさんの風景を見落としてきたのだと気づかされました……。

003 004
円状のポケストップを左右にスワイプしてくるくるまわすとアイテムが出現します。出現するアイテム数やアイテムの種類はランダムです。一度回転させるとポケストップが紫色になり、しばらくの間アイテムを取得することができなくなります。写真とポケストップ名がきちんと表示されてからスワイプすると、取得漏れが少なくなります。ちなみにスワイプではなく、画面下部の「×」ボタンをタップすることによってもアイテムを取得することができます。

ポケモンを捕まえるには大量のモンスターボールが必要です。定期的にポケストップに立ち寄ってモンスターボールを補充するようにしましょう。

「ふかそうち」で卵を孵化させよう

005 006
ポケストップではモンスターボールやきずぐすりなどのほかに、卵も取得できることがあります。卵は2km、5km、10kmの3種類があります。2kmの卵は2km歩くと孵化させることができます。1度に持てる卵は9つまでです。

007 008
卵を孵化させるためには「むげんふかそうち」か、3回だけ使える課金アイテムの「ふかそうち」のどちらかに入れて歩く必要があります。むげんふかそうちは文字通り何度でも無限に使える孵化装置です。しかし1つしかないので非常に効率が悪いです。1つの卵を孵化させているあいだ、ほかの卵は放置するしかありません。また9つしか卵を保持できないので、レアなポケモンの出やすい10kmの卵をみすみす逃してしまう可能性が高くなります。

009 010
ですので、もし課金するのなら「ふかそうち」という方も多いのではないでしょうか。「ふかそうち」は1台150ポケコインです。100ポケコインが120円なので(2016年8月10日現在)、180円で卵を3回孵化させることができる計算です。

なるべく課金アイテムの「ふかそうち」を温存したいので、2kmの孵化する距離が少ない卵に「むげんふかそうち」を使うようにしましょう。極端な例ですが、30km歩いて「ふかそうち」で10kmの卵を3つ孵化させている間に、「むげんふかそうち」で2kmのたまごを15個孵化させることができます。逆だと大損ですね。

課金前提で書きましたが、もちろん一生懸命歩けば「むげんふかそうち」だけでも楽しむことはできます。本気でジム戦に取り組むのではなく、散歩を楽しむ程度の遊び方ならば特に序盤は無課金でも十分です。

011 012
実際に指定された距離を歩いてみました。指定された距離に到達すると画面が強制的に切り替わります。卵がバリバリと割れ、中からポケモン(上のスクリーンショットだとゼニガメ)が出てきました。孵化するポケモンは距離によって違います。2kmだと「家の近所でたくさんとれるポケモンじゃん……」とがっかりすることが多いと思います(笑)10kmの卵だと珍しかったり強かったりするポケモンが出現します。

ポケストップから得られる卵はプレイヤーのLVに応じて変わるようです。またモンスターボールのグレードも上がっていきます。経験値は、ポケモンを捕まえたときだけでなく、アイテムを取得したときや、卵を孵化させたときなど様々な場面で得ることができるので、地道に進めていればジム戦などを避けていても案外簡単にLVが上がっていきます。とはいえ卵を孵化させるための移動も、アプリを立ち上げていないとカウントされないので電池を食うなどの問題があります。最近は暑すぎて長時間の外出を控えているので、涼しくなるころには電池問題などが改善されているといいなあと思います。

▼関連リンク
『Pokémon GO』公式サイト – ポケットモンスターオフィシャルサイト

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

Pokémon GO

配信元:Niantic, Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:0.31.0 / iOS:1.1.1

Androidアプリのアクセス内容

アプリ内購入
ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
位置情報
正確な位置情報(GPS とネットワーク基地局)
おおよその位置情報(ネットワーク基地局)
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
USB ストレージのコンテンツの読み取り
カメラ
画像と動画の撮影
その他
インターネットからデータを受信する
バイブレーションの制御
Bluetooth デバイスのペアの設定
Bluetooth の設定へのアクセス
ネットワークへのフルアクセス
この端末上のアカウントの使用
ネットワーク接続の表示
端末のスリープの無効化

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年08月10日)の情報です。

PageTopへ