アイキャッチ画像

VRモードも搭載した本格3Dシューティングアプリ!『脳内潜入3Dシューティング – Motivator -』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年7月19日]

IMG_0121
IMG_0119皆さんこんにちは。今回はVR技術を駆使したシューティングゲーム『Motivator』をレビューしてみたいと思います。実はこういったデバイスを使ってゲームするのは初体験なんです。ワクワクしてきます!

Motivatorの舞台は2044年。人の「やる気」を失わせる未知の無気力ウイルスによって世界中でパンデミックが発生しました。その病原体を排除するため、脳内に侵入してウイルスを攻撃する抗体ナノマシン「Motivator」が開発されました。このゲームの目的はマシンを操縦して脳内から無気力ウイルスを排除することです。

脳内で繰り広げられる3Dシューティング

あらすじを読み終わると早速脳内へ侵入します。

操作はとっても簡単。目の前にいるウィルスを倒すのみです。ウィルスの出す「障害物」を避けていきましょう。そして同時にピンク色の「弱点」を撃破していきましょう。画面上のゲージがウィルス本体のHPとなっています。ピンク色の弱点を倒すことで削ることができます。

画面左下はマシンのHPです。障害物に当たるとみるみる減ってしまいます。

そして右下のゲージはIONゲージです。障害物を破壊することでIONが溜まります。溜まったIONはダブルタップによってビームとして発射することが出来ます。非常に強力な攻撃なので効果的に使っていきましょう!

IMG_0130IMG_0132

IMG_0128ミッション中に獲得した「カーボンクリスタル」を消費してマシンを強化することが出来ます。攻撃力、連射速度、防御力の3項目についてレベルアップが可能です。個人的には攻撃力が一番成長を感じやすかったですね! 最強マシンを目指しましょう。

いざVRモードでプレイ

milboxさてそれではお待ちかねのVRモードで遊んでみたいと思います! 今回は「MilboxTouch(みるボックスタッチ)写真」という段ボールデバイスを使用しました。このデバイスの魅力は何といっても右側面に備えられたタッチインターフェイスモジュールによるタッチやスワイプでの操作が可能だということです。

映画館の3Dメガネと同じく、メガネをかけている人にとっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。しかし慣れてしまえばこちらのもんです。本当にゲームの世界に没頭してしまいます。

それではプレイしていきましょう。画面を見ながら指で操作していくのは変わりませんが、大きな違いは自分の操作が見えるかどうかです。デバイスの外側にある円形のパネルをタップする仕組みになっているので、自分の操作が目に見えないんです。そのため本当に目の前のマシンを操作しているような気分に浸ることが出来ます。

夢中になってプレイしていましたが、10分もプレイしていると乗り物酔いのような感覚に陥ります。

IMG_0121

IMG_0123

いかがでしたか? VRゲームは一度やればやみつきになること間違いなしです! 是非ともVRモードでプレイしてみてください! ただしどんなに楽しくても、こまめな休憩をとるようにしてくださいね!

なお、Gear VR版も配信準備中となっています。

▼参考リンク
みるボックスタッチ

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

脳内潜入3Dシューティング - Motivator -

配信元:BLUE PRINT Inc.

Android価格:無料 / iOS価格:無料

  • バージョン Android:1.0.0 / iOS:1.0

Androidアプリのアクセス内容

ID
この端末上のアカウントの検索
連絡先
この端末上のアカウントの検索
電話
端末のステータスと ID の読み取り
画像/メディア/ファイル
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
ストレージ
USB ストレージのコンテンツの読み取り
USB ストレージのコンテンツの変更または削除
端末 ID と通話情報
端末のステータスと ID の読み取り
その他
インターネットからデータを受信する
ネットワークへのフルアクセス
ネットワーク接続の表示
バイブレーションの制御
端末のスリープの無効化
音声設定の変更
NFC の管理

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年07月19日)の情報です。

PageTopへ