アイキャッチ画像

楽器演奏を分析評価してみよう!『響け!ユーフォニアム』コラボの無料アプリ『ふこうよアンサンブル』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

by [2016年6月14日]

皆さんこんにちは! 今回は吹奏楽歴10年になる私が吹奏楽への愛を叫びます。

なぜかというとヤマハ株式会社から「楽器に特化した演奏分析・評価の新技術 楽器演奏評価技術『virtana(ヴィルターナ)』 同技術を採用した2つのアプリケーションを開発、本日より順次提供開始」というニュースが飛び込んできたからなんです。

今回はそのうちの1つで、人気吹奏楽アニメ「響け!ユーフォニアム」とのコラボレーションにより生まれたアプリ『ふこうよアンサンブル』で、注目の新技術『virtana』を試してみたいと思います。

タイトル

virtanaとは?

プレスリリースによると、音楽を科学の力で分析するという画期的な技術のようです!

既存の歌唱評価技術では楽器演奏を適切に分析・評価することができませんでした。
『virtana』は、楽器の演奏音を音程、音量、スペクトルといった物理的な要素へと分解し、演奏技法や抑揚、音の安定感といった音楽的な面も含めて分析することで、演奏の評価を行なう技術です。

VIRTANA

クラリネットで挑戦します!

それでは早速プレイしてみましょう。アニメのワンシーンが度々登場するので、ファンにはたまりません。今回は愛するクラリネットで挑戦してみます!

楽器選び

まず曲を選びます。リリース直後のためか遊べる曲数はかなり限られています。

曲選び

演奏する前にはしっかりチューニングしましょう。音程もきちんと計測出来るとは恐るべし……。

チューニング

演奏開始です。譜面はヤマハの『ぷりんと楽譜』という有料サービスから手に入れることも出来ます。今回はプリセットコンテンツの「きらきら星」を演奏してみることにしました。演奏画面はカラオケの採点でよくあるタイプです。

カラオケのあれ

結果発表!

演奏終了です。顧問の滝先生が感想を教えてくれます。採点項目は音程・リズム・安定性・表現力・正確性の5つです。今回は音程で高得点を獲得しましたが、リズムがいまいちだったため全体としてはまずまずの結果になりました。自分自身で感じたことではありますが、あらためて他人(滝先生)にツッコまれることに意味があると思います。

もたついている

ふこうよアンサンブルは、新技術のすごさを体感してもらうというコンセプトのような気がします。もちろんファンとしてはもっとたくさんプレイしたいという思いもありますが、音楽が科学的に評価されるというのは本当に画期的な技術だと思います!

吹奏楽で使う楽器以外にもリコーダーなどでも挑戦出来るので、是非気軽にプレイしてみてください!

▼参考リンク
楽器演奏評価技術”virtana™(ヴィルターナ)”
楽器に特化した演奏分析・評価の新技術 楽器演奏評価技術『virtana(ヴィルターナ)』 同技術を採用した2つのアプリケーションを開発、本日より順次提供開始 ヤマハ株式会社

アプリ基本情報

アイキャッチ画像

ふこうよアンサンブル〜北宇治高校吹奏楽部へようこそ〜

配信元:Yamaha Corporation

iOS価格:無料

  • バージョン iOS:1.0.10

※記事内の情報はすべてレビュー時(2016年06月14日)の情報です。

PageTopへ